こーたのお茶(第7回)「冷えは万病の元」

こーたのお茶もふもふブレンドの説明書に載せた、コラム「冷えは万病の元」をここにも記載しておきます。

PDFダウンロードはちょっと面倒くさいですよね。

 

ということで、どうぞ!

続きを読む 0 コメント

こーたのお茶(第6回)こーたのお茶の説明書

こーたのお茶をお買い上げした時にお渡ししている「説明書」をダウンロードできるようにしました。

こーたのお茶の飲み方、特徴のほかにコラム「冷えは万病の元」が掲載されていますので、ぜひダウンロードして読んでみてください。

続きを読む 0 コメント

こーたのお茶(第5回)好評発売中!

こーたのお茶もふもふブレンド好評発売中です。


しょうが、ネトル、よもぎをブレンドした、ノンカフェイン、無添加、無香料のお茶です。

はちみつを入れるとさらにおいしくなるので是非試してみてください。

続きを読む 0 コメント

こーたのお茶(第4回)ネトルティー

こーたのお茶のご紹介第4回目です。


こーたのお茶もふもふブレンド、今日発売です。


今回は、もふもふブレンドで使っている「ネトルティー」のご紹介です。

続きを読む 0 コメント

こーたのお茶(第3回)よもぎ茶

こーたのお茶のご紹介第3回目です。


このお茶の名前は「もふもふブレンド」という名前なんです。

こーたくんがもふもふしてるからですね。

もふもふでポカポカのお茶です。


今回は、もふもふブレンドで使っている「よもぎ茶」のご紹介です。

続きを読む 0 コメント

こーたのお茶(第2回)しょうが

こーたのお茶のご紹介、2回目です。

 

早速ですが、ブレンドで使ってるお茶の説明をしていきます。

まずはしょうがです。

続きを読む 0 コメント

ネトルティー入荷しました。

ビタミン、ミネラルが豊富で花粉症などのアレルギー症状の緩和や、血行を良くする作用、尿酸などの血液中の毒素の排出をする血液浄化作用などがある、ネトルティー。

しばらく品切れでご迷惑をおかけしていましたが、入荷しました。


続きを読む 0 コメント

花粉症対策にネトルティー

ビタミン、ミネラル、鉄分を豊富に含むネトルティーはふんわりとした干し草の香りです。

生のネトルの葉には細かいトゲがあります。「ネトル」という名前の語源は、この植物のアングロサクソン語の呼び名「netele」で、「針」という意味です。

ネトルの和名はセイヨウイラクサ。漢字で書くと西洋刺草となります。日本でも「刺」の草ですね。

続きを読む 0 コメント

ネトルは呪いを解く草

ビタミンミネラルが豊富で、血液を浄化したり、花粉症などんアレルギー症状にもよい「ネトル」。

でも昔は魔除けとして使われていたそうなんです。


続きを読む 0 コメント

ネトルティーは妊娠中には危険なの?(続き)

以前のブログ

「ネトルティーは妊婦には危険なの?」

 で書いたのですが、

独立行政法人 国立健康・栄養研究所の「健康食品」の素材情報データベースというサイトでは

「イラクサは流産および子宮刺激作用があると考えられるため、妊婦が摂取することはおそらく危険と思われる。」としています。

http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail2640.html

 当店ではこの情報があるため、「とりあえず妊娠中は使用しないほうがよい。」というスタンスにしています。

ということで以前のブログでは締めたのですが、今回妊娠中のネトルの使用についてアメリカのサイトもいろいろ調べてみました。


続きを読む 0 コメント

煎茶ネトル

先日ご紹介した「ネトルティ」。アレルギーに効果があり、さらに血行を促進して、血液を浄化する作用があり、体の毒素や老廃物を取り除く働きがあります。万人におすすめできるハーブなのですが、ちょっと青っぽい味が苦手な方がいらっしゃいます。そこで、飲みやすくするために、煎茶とブレンドしてみました。

 ネトルの香りは少しするのですが、青っぽい感じがほとんどなくて、いい感じです。これなら苦手な方も飲めるのではないでしょうか。

 抽出時間を3分程度にしているので、煎茶が多いと苦味が出ちゃうので、煎茶は少なめがいいですね。

続きを読む 0 コメント

ネトルティーは妊婦には危険なの?

今日はネトル(NETTLE)のご紹介です。

なぜ、ネトルなのかというと、今日いらっしゃったお客様で、妊娠されている方へのノンカフェインのハーブティーのプレゼントにということで、グリーンルイボスをおすすめしたのですが、まちがってネトルもおすすめしてしまいました。すぐ気づいて実はうちでは妊娠中にネトルはおすすめしていない、というお話をしたのですが、ホームページの情報では特に触れていなかったので、情報追加するのを忘れないようにということで、今回ネトルを取り上げました。

 

 ネットでの情報ではネトルは鉄分が豊富で妊娠中におすすめというサイトが多いようです。

ハーブティーを売る方のサイトだけでなく、産婦人科のサイトでもネトルを薦めているほどです。また、私が調べたハーブティーの本でもネトルが妊娠中に禁止ということは記載されていません。(10冊くらいですが)

 しかし次のサイトには妊娠中はおそらく危険となっています。

独立行政法人 国立健康・栄養研究所の「健康食品」の素材情報データベースというサイトでは

「イラクサは流産および子宮刺激作用があると考えられるため、妊婦が摂取することはおそらく危険と思われる。」としています。

http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail2640.html

(イラクサの情報からセイヨウイラクサの情報へのリンクに変更しました。)

この情報のソースはPharmacist’s Letter/Prescriber’s letter Natural Medicine Comprehensive Database(2006)となっています。この本は少し調べてみる必要がありそうです。

 当店ではこの情報があるため、「とりあえず妊娠中は使用しないほうがよい。」というスタンスにしています。

 

続きを読む 0 コメント

紅茶ネトル

 お茶(カメリアシネンシス)とハーブティーのブレンドシリーズ第3弾です。お茶はしっかりとした味わいなので、ハーブティーとブレンドしても美味しくなります。

 ノンカフェインを求めてハーブティーを飲まれる方にはちょっと逆方向のブレンドですが、こんな楽しみ方もあるということで・・


 健茶薬醍醐の中国茶はちょっとお値段高めで、香りがよく、美味しいお茶なので、ブレンドはもったいないのですが、たまにはいいでしょう。


今日は祁門紅茶(キーモンコウチャ)とネトルティをブレンドしました。

 祁門紅茶(キーモンコウチャ)は、古くからある中国の紅茶です。英国紅茶の元になったお茶で、インドのダージリン、スリランカのウバと並ぶ世界三大紅茶のひとつです。

 ネトルはヨーロッパでは古くから利用されている一般なハーブで、ビタミンやミネラルなど、体に必要な栄養素を豊富に含みます。花粉症などのアレルギー症状の緩和、血行を促進する作用、造血作用や血液を浄化する作用、利尿作用、尿酸など毒素を排出する作用など様々な効果を持ち、体全体を健やかにしてくれるハーブです。

 

 この祁門紅茶とネトルを1対1でブレンドしてみました。

 ネトルの香りはちょっと強いので1煎目は少し青っぽいネトルの香りが立っています。2煎目以降はネトルの香りが弱くなり、紅茶が前面に出てきます。紅茶は何煎も出るのですが、ネトルは2煎ぐらいで味が弱くなるので、煎を重ねると味が変化していきます。ネトルの青っぽさがダメな人はどんなにブレンドしてもだめみたいで、大丈夫な人はネトルだけでもおいしいってなるんですよね。私は好きな味です。

 紅茶は体を温めるお茶なので、ネトルの血行促進効果と相まって、体をポカポカと温めてくれます。

続きを読む 0 コメント

よもぎ茶

ヨモギの語源が、四方によく繁殖するので「四方草」、よく萌え出る草から「善萌草」であると言われるほど、ヨモギはとても繁殖力が強い野草です。ですから、山野の荒地、町中の道ばた、川辺の土手など日当りのよい所ならいたる所で、自生しています。

 もっともヨモギに限らず野草は、肥料も農薬もいらず、雨や嵐にあおうとも、動物や人にちょいちょい踏まれたり、むしられても、どんどん元気に芽を出し伸びていきます。

 ヨモギの繁殖力が優れている理由は、その地下茎にあります。丈夫な地下茎を四方に伸ばし、その地下茎から次々と芽を出すことで、強い繁殖力を発揮するのです。

 ですから、地上部分をすっかり摘み取っても、この地下茎が残っていればまた芽を出し、日当りさえよければ、どんな荒地でもその旺盛な生命力でどんどん増えていきます。

続きを読む 0 コメント