イチジク葉茶

 イチジク(無花果)は、クワ科イチジク属の落葉高木で、原産地はアラビア南部です。不老長寿の果物とも呼ばれています。

 原産地に近いメソポタミアでは6千年以上前から栽培されていたことが知られています。世界でも古くから知られ、古代ローマでは最もありふれた果物のひとつでした。

 イチジク葉は生薬では無花果葉(ムカカヨウ)と呼ばれています。

高血圧改善、動脈硬化予防、糖尿病予防、痔の改善、冷え性改善、神経痛改善、鎮痛作用、抗炎症作用、肝機能改善などの効果があるとされています。

 イチジクの葉に含まれる成分”プソラレン”が血圧を降下させます。また、カリウム・カルシウム・食物繊維など豊富な栄養素が含まれています。

 インドのアーユルベーダではイチジク葉を肝機能障害の治療に使用しているそうです。 

イチジク葉湯もオススメです

 イチジク葉湯にすると痔や神経痛、冷え性にも効果があるといわれています。

ベルガブテンやプソラレエンには光毒性があるため、外用の際には紫外線に当たらないように注意が必要です。

どんな味わい?

ほんのりイチジクの甘い香りと味がします。

 

国産


イチジク葉茶

販売価格880円(税込950円)


購入はこちらから


イチジク葉茶を使ってこんなブレンドはいかがですか?


「圧」ブレンド

 

血圧が高めの方に、血圧を下げる「圧ブレンド」です。

ダッタンソバ茶杜仲茶イチジク茶のブレンドです。