ガルシニア茶

ガルシニアは、インドや東南アジアに自生する植物です。

古くから民間薬として利用されており、ガルシニアに含まれるヒドロキシクエン酸という成分には、脂肪の合成を抑える働きがあります。

肥満予防

ガルシニアに含まれているヒドロキシクエン酸には、脂肪の合成を抑える働きがあり、肥満を予防する効果があります。また、運動前にガルシニアを摂取すると、脂肪を燃焼しやすくする効果があるといわれています。これは、ガルシニアに含まれるヒドロキシクエン酸が、エネルギーをつくる際に必要な脂肪酸を体脂肪から補おうとするため、体脂肪の分解が促進されたと考えられます。脂肪の合成を抑え、さらに燃焼しやすくするという効果を併せ持つことから、ガルシニアはダイエット食品の原材料としても利用されています。

 

食欲を抑える効果

ガルシニアに含まれるヒドロキシクエン酸は、肝臓のグリコーゲンの合成を促進する働きがあります。グリコーゲンは食欲を左右する物質だといわれており、ガルシニアを摂取することによってグリコーゲンの貯蓄量が増加し、血液中のブドウ糖の濃度が安定するため、ガルシニアには食欲を抑える効果があります。また、満腹中枢を刺激し、空腹を感じにくくする働きがあります。

コレステロール値を下げる効果

ガルシニアは、血液中に増えすぎたコレステロールを減少させる効果があり、生活習慣病や動脈硬化の予防に役立ちます。

 

どんな味わい?

強烈な酸味が特徴です。ステビアを入れることで後味がすっきりし、レモンかじったようなさわやかな味わいになります。

インド産