しそ茶(シソチャ)

しそは中国原産といわれていますが、日本でも縄文時代の土器とともに種子が発見されており、昔から広く使われて来た歴史の古いハーブです。現代では「紫蘇」という名前で通っていますが、原名は「蘇」といいます。古くは葉の赤いものを「紫蘇」または「赤蘇」、葉の青いものを「白蘇」あるいは「荏」(今の荏胡麻〜エゴマの”エ”の字)と呼んでいました。

 

 

しそ茶は汗を出し(発汗作用)、熱を下げ、せきを抑える働きがあります。また、気持ちを鎮める作用もあります。

胃腸の働きを整える効果もあり、防腐、殺菌作用もあるので、夏に刺身や寿司に添えたり、しそでおにぎりを作るのも理にかなっているといえます。

 

しそ茶は気分がすぐれないときやイライラにとくによく効きます。

 

その他にも次のような効果や効能が期待できます。

ストレスを緩和する働き

ストレスがたまるとビタミンCが大量に消費されてしまいます。ビタミンC不足により、さらにストレスを感じやすくなってしまいます。

しそ茶にはビタミンCと精神を落ち着かせる働きを持つカルシウムが豊富に含まれているため、ストレスをやわらげる効果が期待されています。

食欲増進作用

しそ茶に含まれている香り成分であるペリルアルデヒドの働きで、胃酸の分泌が促され、食欲が増進するといわれています。

また、しそ茶に含まれているペリルアルデヒドには強い抗菌作用もあり、食中毒の予防にも効果があります。

疲労回復効果

しそ茶に含まれているビタミンB1には疲労を回復させる効果があります。

ビタミンB1は食事の糖質をエネルギーに変えるために必要不可欠な栄養素です。ビタミンB1がないと糖質をエネルギーに変える事ができなくなり、疲労物質の乳酸がたまってしまい、疲れやすくなってしまいます。

貧血予防

 

しそ茶にはヘモグロビンをつくる材料となる鉄と、鉄の吸収率を高めるビタミンCが含まれるため、貧血予防に効果的です。

 

アレルギー症状の緩和

しそ茶に含まれるロズマリン酸の働きで、鼻水やくしゃみの原因となるヒスタミンを抑えて、免疫機能を整え、鼻炎や、ぜんそくなどのアレルギー症状を緩和する効果・効能が期待できます。 

 

せきを鎮めるはたらき

しそ茶に含まれるシアニジンがせきを鎮めます。漢方では、鎮咳去痰薬、風邪薬とみなされる処方などに配剤されます。

どんな味わい?

しその香りと、ほんのりとしたしその味がします。

中国産


しそ茶を使ってこんなブレンドはいかがですか?


せきブレンド

 

せきを鎮める効果のあるお茶でブレンドを作りました。

陳皮絲花茶(オレンジピールチャ)しそ茶びわ茶(ビワチャ)をブレンドしました。