目薬の木茶 [メグスリノキチャ]

目薬の木はカエデ科カエデ属の落葉高木です。長寿の木や千里眼の木、ミツバナ、ミツバハナとも呼ばれます。日本国内にのみ自生する固有種で、「飲む目薬」としても知られています。眼病に対する効果や、肝機能を強化する効果があるとして、古くから民間薬として使用されてきました。ロドデンドロールやタンニンの抗菌作用により、ただれ目、はやり目、ものもらい、結膜炎に効果が期待できます。また、白内障の進行を遅らせるとの研究報告もあるそうです。

眼病予防:目薬の木は、古くから眼病に効果的があるとして民間の洗眼薬としても親しまれてきました。これはタンニン成分であるゲライニンが細菌の増殖を抑える抗菌作用や傷を修復させる収斂(しゅうれん)作用を持っており、流行性角結膜炎やものもらい(麦粒腫)、花粉症などによる目のかゆみであるアレルギー性結膜炎、目やに、かすみ目に効果的だといわれています。

肝機能向上:ロドデンドロールの働きにより、肝臓の解毒作用が活発になることからこの効果が知られています。また、B型肝炎にも効果的と考えられており、皮膚や粘膜が黄色くなる黄疸症状がとれ、肝機能が回復するといわれています。

 

どんな味わい?

味は薄めだが、クセがなく飲みやすいお茶です。


目薬の木茶

目薬の木茶 [メグスリノキチャ] 50g

 

エデ科カエデ属の落葉高木。長寿の木や千里眼の木、ミツバナ、ミツバハナとも呼ばれる。

目を酷使している方にお勧めなお茶です。

国産

型番122

販売価格1,480円(税込1,598円)

 

購入はこちらから