Loading

腸内環境を整える効果があるお茶です

大切なのは栄養の吸収です

人間の身体において、一番大切なのは「栄養の吸収」です。

腸の働きが悪いと栄養がうまく吸収されないばかりか、吸収されなかった栄養分は腐敗し、腐敗した栄養は毒素を出し、腸内環境を悪くするだけでなく、血液を汚し、血液が汚れると肝臓や心臓や腎臓などの臓器を傷つけ、それらの臓器をコントロールしている自律神経のバランスをも崩していきます。

自律神経のバランスが崩れると、末梢血管が傷つき、全身の血流が悪くなります。

ここまで行くと、体はまさに「不のスパイラル」状態です。

 

ですから、自律神経のバランスが崩れたときも、腸内の善玉菌を増やし、腸内環境をよくすると、血液がきれいになり、自律神経のバランスがよくなり、血液が改善され、末梢の血管まできちんときれいな血液が行くようになります。

そうすると、腸管での栄養吸収がよくなるので、肝臓や心臓、腎臓などの臓器の状態も良くなります。

このように、最初の栄養の吸収を良くすると、全てが良くなっていく「正のスパイラル」へと変わっていきます。

 

免疫力にも関係しています

また、腸は身体の中で最大の免疫器官といわれています。私たちが口にする食物には、大腸菌やサルモネラ菌など食中毒を起こす細菌やウィルスなどが含まれ、腸の粘膜は常に外敵の侵入の危機にさらされています。

そのため、免疫細胞全体の7割が腸にスタンバイしているといわれ、腸の樹状細胞のコンディションは、免疫システム全体に大きな影響力を持ちます。

腸内環境を整えることで免疫システムが正しく働くようになり、免疫力が高まるのです。

腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えるお茶です。

桑の葉茶

桑の葉茶


糖質の吸収を妨げる働きがあり、この吸収されなかった糖質は、腸内で善玉菌のエサとなります。

シモン茶

シモン茶


シモン茶に含まれるヤラピンにより腸内の善玉菌の働きを助けます。

バナバ茶

バナバ茶


バナバ茶は食物繊維を豊富に含んでいるため、腸内環境を整えます。


サラシア茶

サラシア茶


糖質が吸収されにくくする働きにより、より多くの糖分が大腸に届き、腸内の善玉菌のエサとなります。

牛蒡茶

牛蒡茶(ゴボウチャ)


牛蒡茶には「イヌリン」という食物繊維が豊富に含まれており、腸内で善玉菌のエサとなります。

キダチアロエ茶

キダチアロエ茶


キダチアロエに含ませているアロインなどは、善玉菌を元気にし、腸の調子を整えます。