Loading

五行説と五臓セルフチェック

東洋医学の考えを取り入れ、「未病」というまだ病気になっていない状態をみつけて、お茶を飲んで健康な体を作っていきましょう。

 

五行説と五臓

五行説というのは、宇宙に存在する全てのものは5つの要素、木・火・土・金・水からなるという思想です。

5つの要素は互いに影響し合い、ある要素から別の要素へと循環します。自然、社会、人間のからだの状態といったあらゆるものが、五行の循環法則に従って変化するという考え方が根底にあります。

 

 東洋医学では人体の内臓器官を五臓六腑で表現します。  五臓というのは心・肺・脾・肝・腎です。  西洋医学の臓器名と似ていますが、示しているのは、もっと広いものです。単なる臓器の名前ではなく、臓器のはたらきによって生じる、さまざまな現象も含んだ呼び方です。

五臓セルフチェック

 チェックシートをダウンロードしてセルフチェックしてみてください。

 あなたのからだの”どこ”に問題があるかを知るためのチェックシートです。あなたの五臓の中で”肝・心・脾・肺・腎”のどこが不調なのかがわかります。  あてはまるところにチェックマークをつけてください。  一番チェックが多かったところがあなたの不調の部分です。

参考文献:東洋医学のしくみ 新星出版社刊

五臓チェックシート


五臓チェックシート あなたのからだの”どこ”に問題があるかを知るためのチェックシートです。

あなたの五臓の中で”肝・心・脾・肺・腎”のどこが不調なのかがわかります。 当てはまるところにチェックマークをつけて下さい(複数可)

Check A

めまいがすることがある

怒りっぽいほうだと思う

嫌なことがあると血圧が上がりやすい

おなかの両脇に指をいれようとすると痛みを感じる

目が疲れやすい、または乾きやすい

どこかの筋肉がつりやすい

爪の形や色がよくないほうだと思う

最近、よくためいきをつくようになった

お酒をよくたしなむほうである

肩がこりやすい

 

Check B

動悸がおこりやすい

夢をみやすいほうである

精神的に動揺しやすいほうである

舌が荒れやすいほうである

寝汗をかきやすい、あるいは汗かきである

胸苦しいことがある

心臓部に痛みがおこることがある

物忘れをしやすい

ねむれなくなることがある

腕の内側が痛んだり、しびれたりすることがある

 

Check C

食後におなかが張りやすい

立ちくらみがおこりやすい

食欲がない

下痢をしやすいほうである

とりこし苦労や、思い悩みが多いほうだと思う

舌の苔が多い、または厚い

腹痛がおこりやすい

精神的なストレスが胃に影響しやすい

痔や脱肛になったことがある

人よりも疲れやすいほうだと思う

 

Check D

少し動くと息切れがする

普段から咳がよく出る

たんが出たり、からんだりする

鼻づまりになりやすい

ぜんそくがある、あるいはぜんそくがあった

声が小さかったり、声に元気がない

かぜをひきやすい

声がよくかれる

のどがいたくなったり、腫れてたりすることが多い

呼吸しづらい、息苦しいことがある

 

Check E

足腰がだるくなりやすい

尿の量や回数が多い、あるいは少ない

記憶力が以前よりも落ちたと思う

階段をのぼるのがきつくなったように感じる

耳が遠くなったと思う

老化現象が気になっている

足がむくみやすい

骨密度が低下してきた

足の裏が痛くなりやすい

お小水の切れが悪くなったような気がする

 

 


ダウンロード
五行説と五臓チェックシート
あなたのからだの”どこ”に問題があるかを知るためのチェックシートです。
五行説と五臓チェックシート.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 700.7 KB

五臓タイプ表

チェックシートをやっていただいた結果、チェックが多いところが不調の部分です。

不調の部分は一つとは限りません。


Aが一番多かった人はは木−肝タイプ

チェックシートをやっていただいた結果、checkAが一番多かった人は”木ー肝”タイプです。

五臓の”肝”が不調の時は次のようなシグナルがあります。

イライラする、目の疲れ、手足の震え、爪の変形、肝機能の悪化

 

五臓の”肝”が不調の人はこんな人です。

血の量を調節する働きが悪くなっています。

いつもイライラして、怒りやすいのがこのタイプです。

血が不足したり、出血したりすることが多いのもこのタイプです。

 

五臓の”肝”が不調のときにオススメするブレンドです。

木・肝ブレンド

帰経が「肝」のお茶でブレンドしました。

クコ茶、ハブ茶、たんぽぽ茶のブレンドです。

このブレンドは「肝」の働きを調節し、イライラを鎮めます。

香ばしい味で、どっても飲みやすくなっています。

 

購入はこちら

木・肝ブレンド

Bが一番多かった人は火−心タイプ

チェックシートをやっていただいた結果、checkBが一番多かった人は”火−心”タイプです。

 

五臓の”心”が不調の時は次のようなシグナルがあります。

顔色や舌の色が悪くなる、胸痛、動悸、息切れ、汗が増える、舌がもつれる、味がよくわからなくなる、眠れない

 

五臓の”心”が不調の人はこんな人です。

血の流れに異常を生じています。  物忘れが増え、そわそわと落ち着きがなく、精神集中ができなくなるのがこのタイプです。夜になっても精神が休まらずに、不眠になることが多いのもこのタイプです。    

五臓の”心”が不調のときにオススメするブレンドです。

火・心ブレンド

 

帰経が「心」のお茶でブレンドしました。

生姜スライス、紅花茶(ベニバナチャ)、イチョウ葉茶のブレンドです。

このブレンドは「心」の働きを調節し、血の巡りをよくするブレンドです。

生姜の香りがさわやかで、クセがなく飲みやすくなっています。

 

購入はこちら


Cが一番多かった人は土−脾タイプ

チェックシートをやっていただいた結果、checkCが一番多かった人は”土−脾”タイプです。

 

五臓の”脾”が不調の時は次のようなシグナルがあります。

味覚がおかしくなる、唇の色が悪くなる、手足の力がなくなる、腹痛、下痢

 

五臓の”脾”が不調の人はこんな人です。

消化吸収の働きが弱くなっています。

思考がまとまらず、くよくよと考え続けるようになりやすいのがこのタイプです。食欲がなくなったり、味覚に影響が出たりもするのがこのタイプです。    ・五臓の”心”が不調のときにオススメするブレンドです。 

五臓の”脾”が不調のときにオススメするブレンドです。

土−脾ブレンド

 

帰経が「脾」のお茶でブレンドしました。

ハスの葉茶、よもぎ茶、黒豆茶のブレンドです。

このブレンドは「脾」の働きを調節し、消化吸収を助けるブレンドです。

 

購入はこちら


Dが一番多かった人は金−肺タイプ

チェックシートをやっていただいた結果、checkDが一番多かった人は”金−肺”タイプです。

 

五臓の”肺”が不調の時は次のようなシグナルがあります。

皮膚が荒れてがさがさになる、鼻水が増える、鼻づまり、くしゃみ、顔のむくみ、足のむくみ

 

五臓の”肺”が不調の人はこんな人です。

水分の循環が悪くなっています。

気が弱くなり、元気がなく、悲しみを強く感じやすいのがこのタイプです。ちょっとした気温の変化でもすぐにくしゃみや鼻水がでて、かぜをひきやすくなっていることが多いのもこのタイプです。

五臓の”肺”が不調のときにオススメするブレンドです。

金−肺ブレンド

 

帰経が「肺」のお茶でブレンドしました。

はとむぎ茶、柿の葉茶、スギナ茶のブレンドです。

このブレンドは「肺」の働きを調節し、水分の流れを改善するブレンドです。

 

購入はこちら


Eが一番多かった人は水−腎タイプ

チェックシートをやっていただいた結果、checkEが一番多かった人は”水−腎”タイプです。

 

五臓の”腎”が不調の時は次のようなシグナルがあります。

むくみ、排尿障害、呼吸障害、髪につやがなくなる、耳の聞こえが悪くなる、歯が抜ける 、耳鳴りがする、つばが減る、骨が弱くなる 、脳の働きが衰える

 

五臓の”腎”が不調の人はこんな人です。

水分代謝を調節する働きが弱くなっています。

物忘れが多く、恐がり屋なのがこのタイプです。また、足腰がだるく、ころびやすいのもこのタイプです。

五臓の”腎”が不調のときにオススメするブレンドです。

水−腎ブレンド

 

帰経が「腎」のお茶でブレンドしました。

コーン茶、こんぶ茶、ナタマメ茶のブレンドです。

このブレンドは「腎」の働きを助け、水分代謝の調節を助けるブレンドです。

コーンの香ばしい香りの中に、ほんのりこんぶ茶の味が浮かんでおいしくいただけます。

健茶薬醍醐のこんぶ茶は塩味がとても薄いので、塩分を取りすぎることはありません。

 

購入はこちら

水・腎ブレンド

五行説 五臓チェックはいかがでしたでしょうか? 不調のタイプは必ずしも一つではありません。

チェックの合計が同じような数になったときには、それぞれのタイプを参考にしてください。

 このセルフチェックで健康の手助けの一つとなれば幸いです。


おまけ

 五臓のそれぞれは五味に対応に対応するとされています。

 

肝は酸(すっぱい)

心は苦(にがい)

脾は甘(あまい)

肺は辛(からい)

腎は鹹(しおからい)

 

 それぞれの臓腑の働きをよくするとされ、臓腑が変調して弱ると、対応した味のものを取りたくなるといわれています。