食物繊維はお茶で取れるの?

ごぼう茶の食物繊維

ごぼう茶にはイヌリンという食物繊維が豊富で、便秘解消、腸内環境を整える働き、新陳代謝を促進させてアンチエイジング効果などの効果があります。

食物繊維は水に溶ける?

ところで食物繊維というと水に溶けないイメージがあり、お茶ではとれないと思っている方も多いのではないでしょうか?

食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があり、この水溶性食物繊維は水に溶けるのです。

それぞれの食物繊維の特徴は?

   水溶性食物繊維:

・粘着性があり胃腸内をゆっくり移動するので、お腹がすきにくく、食べすぎを防ぎます。

・便の排泄を促進する働きがあります。

・糖質の吸収をゆるやかにして、食後血糖値の急激な上昇を抑えます。

・胆汁酸やコレステロールを吸着し、体外に排泄します。

・大腸内で発酵・分解されると、ビフィズス菌などが増えて腸内環境がよくなり、整腸効果があります。

 

 不溶性食物繊維:

・胃や腸で水分を吸収して大きくふくらみ、腸を刺激して蠕動(ぜんどう)運動を活発にし、便通を促進します。

・有害な物質を吸着して、体外に排出する働きがあります。

・大腸内で発酵・分解されると、ビフィズス菌などが増えて腸内環境がよくなり、整腸効果があります。(だいたい、水溶性食物繊維より発酵性は少ない。)

 

それぞれ違う働きがあるから、腸内環境を整えるためには水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよく取ることがいいのですね。

 

不溶性の食物繊維の取り過ぎに注意

便秘気味なので、食物繊維ばかりとっていませんでしょうか?

注意しないといけないのは不溶性食物繊維をとりすぎると、水分が足りなくなり、便が硬くなって、ますます便秘になってしまいます。

そこで・・

 

ごぼう茶で一石二鳥

食事と一緒にごぼう茶などの、水溶性の食物繊維が豊富なお茶をいただくことで、水分と水溶性の食物繊維が同時にとれ、食物繊維のバランスもよくなるのでいいですね。

 

このコラムを読んだあなたにおすすめ