その熱中症予防は正しい?

熱中症予防には水分だけでなく塩分が必要?

今日は暑かったですね。

夕方から少し涼しくなってきましたが、まだまだ暑さが残っています。

テレビやラジオで熱中症対策ということで、こまめに水分補給をと呼びかけています。

健茶薬醍醐にも冷たくしておいしく飲めるお茶がいろいろあります。水分補給にどうぞ。

 

熱中症対策には「水分補給だけでなく塩分も必要」また、塩分を効率よく吸収するためには糖分も必要ということで、糖分や塩分の多く入ったスポーツドリンクを多く飲んでいる方もいらっしゃるのでは?

でも激しい運動で塩が浮くような汗をかくようでなければ、このスポーツドリンクは塩分も糖分も取り過ぎになるかも知れません。

 

今日はそんなお話を。

 

写真は白茶「白牡丹」です。

体を冷やす働きがあり、夏バテや二日酔いによいとされています。

その熱中症対策は正しい?

熱中症対策には「水分だけでなく塩分の補給も必要」という話を聞いたり、実行している方も多いのではないでしょうか?
ところが、私たちは日頃から食事で、必要量をかなり上回る塩分を摂取しているため、日常生活でジワジワと汗をかく分には、水分をこまめに補給していれば、通常の食事で塩分は十分だそうです。

夏でも減塩?

日本高血圧学会では夏の日常生活の水分と塩分の摂取について次のように説明しています。

 

熱中症予防と高血圧管理の観点から、水分は夏には多く摂ることが望まれます。

夏は皮膚よりの蒸発増加により水分が不足しやすくなり,高温環境下や運動などで発汗が多い場合には水分の喪失も多く,熱中症の危険性が高まります。血圧が正常な人も高血圧の人も,水分は十分に摂ることが望まれます。

塩分は高血圧の人は夏でも制限することが望まれます。

夏は発汗により塩分(ナトリウム)やカリウムなどのミネラルもいくらか失われますが,日本人の食塩摂取量は平均1日10グラム以上と多く,必要量(1日1グラムほど)をはるかに超えています。高血圧の人は,原則としては夏でも塩分は制限すべきで,食塩摂取は1日6グラム未満が望まれます。

大量に発汗した場合には,水分とともに少量の塩分とミネラルを補給することが望まれます。

塩分が必要な発汗って?

 汗をかいた時にはナトリウムを再吸収する働きがあって、暑い部屋での日常生活レベルではあまり塩分が失われることがありませんが、再吸収が追いつかないほど汗をかいた場合には大量の塩分が失われることになります。

 

大量の汗をかく場合でなければ水分補給で十分で、スポーツドリンクからの水分補給や塩入の飴、塩をなめるなどの塩分補給は必要ないといえます。

もちろん激しいスポーツをする方は適度に塩分(食塩水濃度0.1~0.2%、ナトリウム濃度40~80mg/100ml)を含むスポーツドリンクなどでの水分補給が適してるといえます。

まあ、塩が浮くほど汗をかくっていうのは、相当な運動の時ですよね。

 

大量の発汗ってどのくらい?

この「大量に」というのは、

☆玉の汗を長時間かくとき

☆腕などを水洗いしてからなめてもしょっぱいとき

が目安となります。

まあ、塩が浮くほど汗をかくっていうのは、相当な運動の時ですよね。

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    おがわともこ (木曜日, 14 8月 2014 20:16)

    汗に塩が浮く・・かというと浮かないかもしれないです。
    水をかぶったような汗を、一日6時間ほどかいている状態で仕事をしています。
    多分、大量の汗に相当すると思うのですが・・。
    そういうときは、やはりまた違うものを体内に入れたほうがいいのですかね?

  • #2

    山之内 宏行 (木曜日, 14 8月 2014 22:39)

    店主の山之内です。
    汗がぽたぽたたれるようだと十分「大量の汗」になるみたいですよ。
    そのような時には塩分の補給が必要です。塩分が失われると、体内の塩分濃度を保つために水分を排出してしまい、体内の水分量が結果として足りなくなってしまうそうです。
    塩分は必要ですが、スポーツドリンクなどは糖分が多いので、気をつけた方がいいようです。