薬膳酒「消化促進」出来上がりました

先週漬け込んだ薬膳酒が出来上がりました。

消化を促進して、胃もたれや消化不良を解消する働きのブレンドの薬膳酒です。

 

出来上がりを飲んだ感じは、香りはとってもいいのですが、後味にローズマリーが残ってしまい、他の味が消えてしまいました。ジンのような感じですかね。
でも、思ったよりおいしくありませんでした。
 
消化促進

 

アイディアはいいはずなんです。
消化促進や食欲不振にいいので食前酒として飲んだらいいかと。
味もレモングラスとオレンジピールは問題ないはず。料理にも使われるし、お茶で飲んでもおいしい。
お茶としてこのブレンドを飲んだときはおいしかったのにな・・・
やっぱり、アルコールと水では溶け出す成分が違うんですね。
特に精油のような脂溶性の成分。これが溶け出すとお茶の時と違った表情をするんですよね。
特にローズマリーは精油成分が多そうだし。やっぱり問題はローズマリーだろうなぁ。
ローズマリーの後味がなくなれば香りも問題ないし、おいしくなるはずです。
 
ということで作り直します。

前回漬け込んだのは

レモングラス 5g

ローズマリー  5g

オレンジピール 5g

35度 ホワイトリカー 350cc

と3種類同じ分量だったので、ローズマリーを減らして、

今度はこんなレシピにしてみました。

35度 ホワイトリカー 350cc
ちょっと茶葉が多くなっちゃったのはぼーっとしていて入れすぎちゃっただけです。
 
もうひとつ、ジャスミンティーをお酒に漬けてみました。
分量はこんな感じです。
ジャスミンティー酒
ジャスミンティー 15g
35度 ホワイトリカー 350cc
 
焼酎は35度でなくても25度でも大丈夫ですよ。
 
ジャスミンティー酒
レモングラスは消化促進作用があり、胃腸の働きをよくしたり、腹痛や下痢にも有効です。腸内ガスを排出する働きもあります。また、脂肪分解効果や精神的にリフレッシュする効果が期待できます。
 
ローズマリーは抗酸化作用や血行促進作用、アンチエイジング作用など様々な用途を持ちます。ローズマリーの芳香は頭をすっきりさせ、集中力や記憶力が向上する効果があります。また、食欲不振や消化不良に有効です。
 
陳皮絲花茶(オレンジピール)は胃腸の調子を整え、食欲不振や吐き気、消化不良などを鎮めてくれる働きがあります。胃酸過多や下痢の症状にも良いとされています。