梅雨の不調の原因は湿邪

関東地方は梅雨入りしたみたいですね。

梅雨の時期、小雨が降り続くと、湿気がからだにたまります。

気、血、津液(水分)の流れが悪くなり、痛みを感じます。

病気そのものも停滞して、治りにくくなります。

東洋医学ではこれを「湿邪」と呼んでいます。

 

湿邪というのは、六邪と呼ばれる外部から入ってくる6種類(風邪・寒邪・暑邪・湿邪・燥邪・火邪)の病因の一つです。

6種の気候変化に異常が生じて、六邪となり、口と鼻、皮膚を通じてだんだんとからだの奥深くに侵入します。

 六邪による病気は、季節、時間、周りの環境と深く関わる。寒さの厳しい冬は寒邪、湿地に住んでいれば湿邪に侵されやすくなる。複数の邪が同時に侵入して病気を起こすこともあります。

 

湿邪は水分なので、重く、下に流れる特性があります。

湿邪がからだに侵入すると、頭や手足が重だるく感じるようになります。

湿邪が関節などに入ると、気・血の流れが悪くなり、関節痛などがおきます。

便が粘ついて出にくくなったり、足にむくみが現れます。

湿邪は粘着性があり、いったん侵入すると、病気がなかなか回復しなくなると考えられています。

 

湿邪が体にたまってくると水分代謝の悪い人は、頭痛・吐き気・食欲不振・頭重・むくみなどの症状を引き起こし、冷えがある人は手足が冷える・下痢・腹痛・むくみ・関節痛などの症状を引き起こします。

 

湿邪対策

湿邪を予防するためには

・体を冷やさない

砂糖は体を冷やし、水分をさらに呼び込むため、良くないと言われています。

また、冷たい飲み物や体を冷やす食べ物の取り過ぎに注意!

体を温めるにはしょうがネトルなどがおすすめになります。

以前作った、ジンジャービネガーとはちみつをお湯で割って飲むと、体をあたため、食欲不振の改善や疲労回復にも効果的です。

・水分代謝を上げ、余分な水分を排出する

水分代謝を上げるには、利尿作用があり余分な水分を排出させるたんぽぽ茶小豆茶がおすすめです。

ジンジャービネガー

生姜スライス茶、ネトル、たんぽぽ茶を使って梅雨の不調ブレンドを作りました。

ブログ「梅雨の不調ブレンド」をご覧ください。