ジャスミンティー酒

先日漬け込んだジャスミンティー酒をちょっと飲んでみました。

 

ほんのりジャスミンの香りがするんですが、ちょっと苦くてストレートだとおいしくありません。

水で倍に薄めると、苦さが薄まってきます。

ジャスミンの香りも少しだけ感じられて飲みやすくなってきました。

でも・・・漬け込む手間を考えたら、焼酎のジャスミンティー割りのほうが簡単でおいしいんではないかな。

 

漬け込むメリットがないんですね。香りが強く出るわけでなく、色も茶色で地味だし。

ハーブなどはアルコールに漬けると精油成分などの脂溶性の成分が溶け出し、ハーブティーとして飲むのとはまた違った成分が抽出されるので、意味があるんですがね。

 

 

ジャスミンティー酒

写真をみるとおいしそうですね。

飲めないことはないです。焼酎を濃いお茶で割った味です。

 

少しずつ様子を見て漬け込み時間を調整したほうが良さそうですね。

多分、一日漬けるだけでもいいんですよね。水出しでも出るんだから。

 

ジャスミンティー酒出来上がり

次回は水出しの要領で焼酎に漬けてみます。

焼酎を冷やして、保管も冷蔵庫に一晩入れるぐらいでどうかな。

水出しのお茶割と差別化するには、25度か20度の低めのアルコール度数の焼酎を漬けてストレートで飲むようにするのがよさそう。