中国茶を使ってロイヤルミルクティーを作りました

 甘い香りが強い滇紅という中国紅茶でロイヤルミルクティーを作ってみました。

 作り方は、手鍋で茶葉と牛乳を煮込んで作る「シチュードティー」のやり方で、今回は水とミルクを1対1にしました。  しっかりと紅茶の味がでて、ミルクの優しい香りと滇紅の香りが合わさり、とっても甘い香りになっています。  ミルクの味が強すぎないので飲みやすく仕上がりました。

 

作り方:1杯分(約200cc) 

①100ccの水を手鍋に入れて火にかけます。ポコポコと沸騰するまで待ちます。

②沸騰したら火を止め、茶葉を約3g入れます。茶葉の量はお好みで!

 

☆ミルクに直接茶葉をいれると、ミルクに含まれるカゼインなどの成分が茶葉を包み、十分に紅茶が抽出できなくなってしまうので、必ずお湯で紅茶を入れて、そこにミルクを入れるようにしてください。100%ミルクの場合にも、ごく少量のお湯で茶葉を開かせてから、ミルクに入れて下さい。

 

③フタをしてしばらく蒸らします。今回は約2分蒸らしました。

 

④時間になったらフタを取ってミルクを100cc入れます。(今回ミルクと水の量は1対1です。これもお好みで。ミルクが多いとまろやかになり、水が多いと紅茶の味わいがしっかりと出てきます。)再度加熱します。

 

⑤あとはフタをせず、最初は強火で、鍋肌に細かな泡が回ったらとろ火にして少し待ちます。

 

⑥十分温めてあるポットに茶漉しを使って紅茶を移します。もちろん直接カップに移してもかまいません。 これで出来上がりです。

 

☆ミルクと水の割合を変えると味わいが変わりますので、いろいろ試してみて下さい。