五行説と五臓 その1(五行説について)

東洋医学の考えを取り入れ、「未病」というまだ病気になっていない状態をみつけて、お茶を飲んで健康な体を作っていきましょう。というシリーズの第1回です。

 第1回 五行説と五臓    五行説というのは、宇宙に存在する全てのものは5つの要素、木・火・土・金・水からなるという思想です。5つの要素は互いに影響し合い、ある要素から別の要素へと循環します。自然、社会、人間のからだの状態といったあらゆるものが、五行の循環法則に従って変化するという考え方が根底にあります。

 

五行説と五臓

五行相生説

木・・植物が芽吹き、成長していくようす。万物が生じる春の象徴

火・・火が燃えているようす。熱の性質。万物が成長する夏の象徴

土・・大地を象徴。万物を育て、保護する。季節の変わり目の象徴でもあり、四季それぞれとかかわる。

金・・金属のように、堅固で鋭く光り輝く性質をあらわす。収穫の季節・秋の象徴

水・・泉から湧く水をあらわす。土中の水は万物を生み生命を育む。冬の象徴

 

5つの要素それぞれが「生む、生まれる」の関係にあるとする考えを五行相生説といいます。

木→火→土→金→水→木と循環し、それぞれの要素は次の相手を強めるように作用する。

木生火 と木はこすれ合ってを生じ、木を足すと火の勢いが強くなる。

火生土 が燃えると灰とが生じる。

土生金 には鉱物(属)が埋まっている。

金生水 属は表面に滴が生じる。

水生木 を成長させる。

五行相克説

要素と要素が対立し、抑制し合うと考える説を五行相克説といいます。

 

木克土・・木は土に根をはって栄養分を吸収するので、土に勝つ。

土克水・・土は水を吸収し、流れをせきとめるので、水に勝つ。

水克火・・水は火を消すので、火に勝つ。

火克金・・火は金属を溶かし、金に勝つ。

金克木・・金属でできた刃物は木を切り倒すので、木に勝つ。

 

五臓六腑を五行説にあてはめると、

肝と胆は木

心と小腸は火

脾と胃は土

肺と大腸は金

腎と膀胱は水

となります。

 

・東洋医学では人体の内臓器官を五臓六腑で表現します。  五臓というのは心・肺・脾・肝・腎です。

六腑というのは胆、胃、小腸、大腸、膀胱,、三焦です。

三焦は水分の通り道です。上焦、中焦、下焦に分けられます。

西洋医学の臓器名と似ているが、示しているのは、もっと広いものです。単なる臓器の名前ではなく、臓器のはたらきによって生じる、さまざまな現象も含んだ呼び方です。

 

それぞれの臓腑は、相生と相克の関係を持ち、治療法にも取り入れられます。

例えば木生火であるから、肝(木)は心(火)を生む。心が弱ったら肝を助ける事により心が増強される。

しかし、五臓六腑の関係や症状、治療など全てが五行説で説明されるわけではありません。

 

参考文献 東洋医学のしくみ 兵頭明 監修

                        >五行説と五臓 その2(チェックシート)