マテ茶

西洋ヒイラギの仲間である南米土着のこの木は、ブラジル、アルゼンチン、パラグアイなどに自生し、野生では6メートルまで生長するのもしばしばです。縁がギザギザした大きな緑色の葉、そして白い花、赤い実をつけます。

パラグアイティーとしても知られ、アルゼンチンの国民的な飲み物です。

 (イェルバ)マテの名前は、”卓越した”という意味の”yerba”、そしてお茶を入れるのに伝統的に使われていた容器”matti gourd”に由来します。ネイティブ・インディアンのマテティーを取り入れた儀式は、社会的、宗教的な行事でした。招待されたゲストは、しばしば焼いた砂糖とレモン汁で味付けしたティーが振る舞われますが、ストローで飲み、最後は球状になった漉し器で濾過しました。

 
マテ茶

飲むサラダと呼ばれています

マテ茶は、南米のアルゼンチン、パラグアイ、ブラジルを原産とするイェルバ・マテの葉や小枝を乾燥させた飲みものです。ビタミン(C・B1・B2)、ミネラル(鉄分・カルシウム・マグネシウム・亜鉛)、食物繊維、葉緑素(クロロフィル)を豊富に含んでいるため、「飲むサラダ」とも言われています。このため、野菜の栽培が困難な南米の一部の地域では重要な栄養摂取源の一つとなっています。

ブラジルではローストしているブラックマテ茶、アルゼンチン、パラグアイではローストしていないグリーンマテが飲まれています。

世界三大ティー

南米のマテ茶は西洋のコーヒー、東洋の茶と並んで、世界の三大ティーに数えられています。

こんな効果があります

マテ茶には、肥満を抑制したり、中性脂肪や悪玉(LDL)コレステロールを低下させる効果が期待されています。

また、認知機能を改善する効果も期待されています。

マテ茶には優れた抗酸化作用があり、動脈硬化の原因となるコレステロールの酸化を防ぎます。

マテ茶は糖化の原因となるAGEsの形成を抑制する働きがある事が報告されています。

糖化とは食事でとった糖分とタンパク質とが結びついて、AGEs(Advanced Glycation Endroucts、糖化最終産物)という物質になることです。これがさまざまな老化の原因になっています。

 

また、マテ茶は疲労回復やストレス対策にも効果があると言われています。

マテ茶の魅力

「飲むサラダ」と言われるように、ポリフェノールのひとつであるフラボノイドを多く含み、緑黄色野菜不足の方に特にお勧めです。肉料理などにはピッタリです。

 

マテ茶の飲み方

マテティー

マテ・ティーと言われている飲み方で、今ではごく一般的にはこの方法で飲まれています。ティーポットに人数分の茶葉(一人分ティースプーン一杯)を入れ、沸騰直後の湯を注ぎ入れて3分程蒸らしてから、カップについで飲みます。お好みで砂糖やミルク、レモン、ハチミツ、リキュールなどを加えても美味しくいただけます。

 

マテティー

水出しマテ(テレレ)

マテは、水でもすぐに抽出できます。アルゼンチンではこの飲み方を「テレレ」と呼んでいます。ティースプーン山盛り1杯のマテ茶葉を入れて、500cc程度の水を入れ8~10分おきます。抽出後、冷蔵庫で冷やして飲みます。お好みでレモン、ハチミツ、リキュールなどを加えてもおいしくいただけます。

 

 
テレレ

マテの儀式

こんな飲み方も ブラウンシュガーをレモン汁と一緒にソテーし、きつね色になるまでフライパンで熱します。これをマテティーに加えるだけ。ため息の出る美味しさです。

 

個人的に好きな飲み方は、温かくしてレモンを入れたのと水出しですね。

 

グリーンマテ茶はアルゼンチンでよく飲まれているボンビージャで飲む飲み方は苦いですが、ティーポットで入れるマテティーはそんなに苦味が出ないですね。

緑茶に近い苦味なので全然嫌な感じではないです。強いクセもないのでなれると病み付きになります。

ローストしたマテ茶は香ばしい香りで、少しクセが強いかなと感じます。苦味はないので飲みやすいですね。

ステビアで甘みをつけたのもオススメです。

 

購入はこちらから

グリーンマテ茶

 

ブラックマテ茶