ルイボスブレンド

ルイボスは、南アフリカ共和国の最南端、喜望峰にほど近いシェダーバーク山脈の周辺にしか生息しない貴重なハーブです。周辺の先住民たちは、ルイボスティーを「不老長寿のお茶」として日常的に飲んできました。18世紀後半、スウェーデンの植物学者が欧州に紹介したことから、その飲みやすさも手伝って、ルイボスティーは世界中に急速に普及しました。

 ルイボスティーにはアレルギーを予防し、代謝を促進する働きがあり、冷え性や便秘、活力不足を改善するお茶として親しまれています。

 

最大の特徴は、生育している地域が限定されているということです。日本で使われ始めたのは近年で、比較的新しいハーブというイメージです。高酸化作用が強く、ハーブティーで摂るのが一般的です。紅茶のようにきれいな色で、やや個性的な味のティーです。冷え性や便秘で悩む人にお勧めです。ハーブティーにオレンジまたはレモンの果汁を加えると、いっそう美味しく飲めます。

ルイボスティー

ルイボスブレンド

ルイボスティーは少しクセがあるので、ブレンドをして飲みやすくしてみました。

 

ルイボスティー 1g

レモンバーム  1g

ローズヒップ  1g

をブレンドしました。

 

 

ルイボスブレンド

どんな味わい?

レモンバームのさわやかな香りとルイボスティーのほんのりとした甘さがあって飲みやすいブレンドです。

冷やしても美味しくいただけます。

 

ルイボスティーを多くするとよりおいしくなります。

 

抗酸化作用によりアンチエイジングが期待できます。

 
ルイボスブレンドティー

ルイボスティーにレモンを入れても美味しくいただけます。

 

ルイボスティー 2g

檸檬片茶  1〜2枚

ルイボスレモン

どんな味わい?

きりっとしたレモンの酸味がルイボスティーを引き立てています。

はちみつなどで甘みをつけてもおいしくいただけます。

 
ルイボスレモンティー