バードック

バードックはゴボウのこと。ヨーロッパでは野菜として食べる習慣がなく、根と葉が薬草として使われています。葉は1年目に収穫して乾燥させたもの、根は春か秋の開花前に収穫したものを風乾して用います。葉も根も類似した作用を持ちますが、概して根の方が効果が高く、薬草としてよく使われています。

 葉に含まれる成分はある種の細菌に対して抗菌性をもつため、主に外用として、肌荒れや湿疹、ニキビ、かゆみなどに、濃く出したハーブティーを皮膚に塗って湿布として使われることが多いようです。

 一方、根は利尿作用や胆汁の分泌を促進する作用に加えて、血液を浄化する作用もあるため、体にたまった老廃物や毒素を排出(デトックス)し、体をきれいにするために使われています。また、根に含まれるポリアセチレンにも抗菌様作用があるため、葉と同様湿布としても使われるだけでなく、関節炎や通風に用いられたり、苦味成分が消化を促進するため、食欲不振にも効果的です。

 ハーブティーにするとゴボウ特有の苦味が感じられますが、ゴボウを食べなれている人にはそれほど気にならないかもしれません。デトックス用としては「ネトル」や「ダンデリオン」などとブレンドするとより高い効果が期待できます。

”ゴボウシ”と呼ばれるバードックの果実にも薬効があり、日本では医薬品とされています。扁桃腺炎やせき、のどの痛み、風邪などに有効です。

 

主な作用 利尿、浄化

主な作用部位 肝臓、皮膚

 

HERB BIBLE

監修 Earth Plants Research Organisationより 

ごぼう茶

ごぼう茶

販売価格1,200円(税込1,296円)


購入はこちらから