アダプトゲン

アダプトゲンという言葉をご存知でしょうか?

ハーブの中にはアダプトゲンと呼ばれる分類に属するものがあります。

 

 アダプトゲンとは、トラウマ、不安、肉体的疲労などのストレスへの抵抗能力を高める働きのある天然のハーブのことです。

 アダプトゲンに関する認識は数千年前の古代インドや古代中国までさかのぼりますが、本格的な科学的研究が始まったのは1940年代後半に入ってからソビエトの研究者たちによってスタートしました。

 1947年、ニコライ・ラザレフ博士はアダプトゲンを、「物理的、化学的、あるいは生物学的側面からの有害なストレッサーに対抗するため、身体の非特異性抵抗力を高め、ストレス過多の環境に「順応」させることができる物質」と定義しました。

1968年、イスラエル・ブレクマン博士とI. V.ダルディモフ医師は正式にアダプトゲンを次のように定義付けました。

1.非毒性である

2.体内における非特異的な反応によって、物理的、化学的、生物学的な様々なストレス因子に対して抵抗力を高める

3.ストレス因子による生理機能を正常化すること

 

つまり、アダプトゲンは通常の用量では無害で、ストレス適応力を高め、そして身体を正常化する作用を持っているのです。

 

これらがアダプトゲンと呼ばれるハーブです

アシュワガンダ (Withania somnifera) ナス科

アマチャヅル (Gynostemma pentaphyllum) ウリ科

アムラ (Emblica officinalis) トウダイグサ科

エゾウコギ (Eleutherococcus senticosus) ウコギ科

黄耆(オウギ) (Astragalus membranaceus) マメ亜科

何首烏(カシュウ) (Polygonum multiflorum) タデ科

甘草(カンゾウ) (Glycyrrhiza glabra) マメ亜科

枸杞子 (Lycium chinensis) ナス科

グドゥチ (Tinospora cordifolia) ツヅラフジ科

紅景天(コウケイテン) (Rhodiola rosea) ベンケイソウ科

五味子 (Schisandra chinensis) モクレン亜科

シャタバリ (Asparagus racemosus) シソ科

シラジット (Ashphaltum bitumen)

西洋人参 (Panax quinquefolius)

太子参 (Pseudostellaria heterophylla) ナデシコ科

高麗人参 (Panax ginseng) ウコギ科

党参(トウジン) (Codonopsis pilosula) キキョウ科

冬虫夏草 (Cordyceps sinensis) バッカクキン科

ホーリーバジル (Ocimum sanctum) シソ科

ラポンティカム (Stemmacantha carthamoides) ウコギ科

霊芝(レイシ) (Ganoderma lucidum) マンネンタケ科

 

アダプトゲンの作用

アダプトゲンの作用は身体全体に及ぶので、その研究データは膨大である。

 アダプトゲンは有効な強壮剤であり、健康促進のために毎日摂取することができる。実際に世界中の何百万人が日々摂取している。

 今日、幅広く使用されるアダプトゲンの多くは、何百年、何千年の昔から使用されて来た歴史を有している。この長い歴史に培われた膨大な使用経験によって、その用途が分かってきたのである。

 アダプトゲンは、抗生剤、抗不安税、抗鬱剤、血糖降下剤等の最新薬の効果を高める働きを有している。薬剤の副作用を緩和する働きもある。アダプトゲンは安全かつ効果的で、さまざまな症状に幅広く作用することが知られている。

 すべてのアダプトゲンには抗ストレス作用があり、とくに視床下部ー下垂体ー副腎系(HPA軸)を含む神経内分泌系を安定させる働きがあり、免疫系を調整し、活性化させるだけでなく、抗酸化作用も有している。

 アダプトゲンの有効性については、次のようにまとめることができる。

 

アダプトゲンの有効性

アシュワガンダ 鎮静作用、筋肉痛の緩和作用

アマチャヅル 免疫賦活作用、鎮静作用

アムラ 抗酸化作用、抗ヒスタミン作用、消炎作用

エゾウコギ 免疫強壮作用、副腎強壮作用、疲労回復、パフォーマンス向上

黄耆(オウギ) 免疫強壮作用、心臓強壮作用

何首烏(カシュウ) 肝臓、腎臓、血液、男性生殖器の保護作用

甘草(カンゾウ)  免疫双方向作用(過剰の場合抑制し、低下している場合には高める)、胃腸の保護作用

枸杞子  抗酸化作用、免疫強壮作用、肝臓・腎臓・目の保護作用

グドゥチ  肝臓保護作用、免疫双方向作用

紅景天(コウケイテン) 免疫双方向作用、心臓保護作用

五味子 神経系のバランスをとる、抗酸化作用、肝臓保護作用

シャタバリ  女性生殖器の強壮作用、免疫強壮作用、肺強壮作用

シラジット 血糖降下作用

西洋人参 緩和な中枢神経系の刺激作用、HPAの滋養作用

太子参 免疫強壮作用、肺の強壮作用

高麗人参 副腎疲弊の刺激作用

党参(トウジン) 免疫強壮作用、胃の保護作用

冬虫夏草 肺と肝臓の強壮作用、免疫双方向作用

ホーリーバジル 正常なコルチゾール値、血糖値の維持

ラポンティカム 免疫賦活作用、心臓の強壮作用

霊芝(レイシ) 免疫双方向作用、精神の鎮静作用

 

①すべてのアダプトゲンには抗ストレス作用があり、特に視床下部ー下垂体ー副腎系(HPA軸)を含む神経内分泌系を安定させる作用がある。

②すべてのアダプトゲンは免疫系を調整、あるいは賦活させる

③すべてのアダプトゲンには、抗酸化作用がある

 

 アダプトゲンは上記の作用を有することから、以下のことが分かっている。

・ストレスによる免疫抑制を防ぐ

・加齢による免疫系機能の低下を防ぐ

・がんと心疾患のリスクを軽減する