安渓鉄観音

今日は中国茶をご紹介します。

 

「青茶 安渓鉄観音(アンケイテッカンノン)

 

安渓鉄観音は福建省安渓県西坪郷を原産地とする烏龍茶で、200余年の歴史があります。

茶葉は堅く丸まっているのが特徴です。伝統的な製法のものは焙煎がしっかり入っていて「濃香型」と呼ばれるずっしりとした味わいがありますが、現在流通している安渓鉄観音のほとんどは「清香型」と呼ばれる、台湾の高山烏龍茶に似た華やかな香りと味わいになるように作られたものになっています。「音韵」(インユン)と呼ばれる、口の中に広がる独特の香りが特徴です。

 

安渓鉄観音

烏龍茶の飲み方

器の1/3〜半分ぐらいの茶葉入れて下さい。

110ccの器で約5gぐらいです。

 

安渓鉄観音

90〜95℃のお湯を入れてください。フタをして1分程度抽出させます。

安渓鉄観音

一煎目を捨てる”洗茶”をする必要は特にありません。1杯目からおいしくいただけます。 

お茶は毎回注ぎきってください。フタをあけて蒸れすぎないようにします。

10煎程度美味しくいただけます。

安渓鉄観音

どんな味わい?

水色は黄金色で、華やかな香りと、さわやかな味わい、余韻のある甘さが特徴です。