菊花茶

体の熱をとり、目の疲れに効果的な貢菊花茶と、緑茶をブレンドした菊花茶です。

 

 貢菊花茶の苦味は緑茶によって和らぎます。甘みもあり香りが良いのでとても美味しくいただけます。

 体を冷やすお茶なので、寒いときには飲み過ぎないようにしましょう。

菊花茶

 貢菊花茶は安徽省の特産品で、明代には皇帝献上品として名を馳せていました。海抜の高い地域で育つ菊です。

 花びらは黄色っぽい白色。お湯を注ぐと花びらが透き通って美しく、香りはとても清らか。味は甘くて喉に苦みが少し残りますが、砂糖を足したり、緑茶などとブレンドするとさらに飲みやすくなります。

 
貢菊花茶

 緑茶は涼性なので体の熱をとる作用と気を下げる働きで、気持ちを落ち着けて不眠症に効果があります。

ただし、あまり濃くいれるとカフェインの作用で、かえって眠れなくなるので、注意してください。

 今回使ったのは、雲南省で生産される宝洪茶を使いました。宝洪茶は由緒ある歴史的名茶として有名です。すっきりとした味わいで苦味が少ないのが特徴です。

 
宝洪茶

緑茶と貢菊花茶の割合はお好みです。緑茶は少なめがおすすめです。

冷やして飲んでも美味しくいただけますが、やはり冷えすぎには注意して下さい。