痛風ブレンドその2

尿酸を排出することも大切です

 尿酸が作られる原因としては

①ストレス

②肥満

③大量の飲酒

④激しい運動

⑤プリン体の摂りすぎ

ということがありますが、尿酸値が高くなる原因は作られた尿酸が排出されないことにも原因があるそうです。

尿酸は尿から排出するのですが、尿酸が尿で排出されやすくさせるために尿量を増やすことが推奨されています。

 

 通常の尿の量は1日1〜1.5ℓです。

 高尿酸血症や痛風の人は尿量を1日2ℓを目標にするとよいといわれています。

尿量を増やすのが目的なので、通常より1ℓ多く水分を摂取しても、汗で500ccも余分に出ているようであれば、尿量が足りない計算になります。

 水分を摂るためにいけないのは糖分が入っている清涼飲料水や炭酸飲料。それにスポーツドリンクです。これらを飲み過ぎることで、肥満につながり、結果として尿酸値を上げてしまうことになります。

また、利尿作用があるとしてコーヒーなどのカフェイン飲料で水分補給をすると、カフェインの摂りすぎになってしまうので、カフェイン中毒になってしまう可能性があります。

 

おすすめ痛風ブレンド

 おすすめなのはノンカフェインで利尿作用があり、体の毒素を出してくれるお茶です。

特にネトルティーは尿酸を排出してくれるといわれており、おすすめです。

その他に利尿作用があり、体の毒素を排出するお茶はどくだみ茶、たんぽぽ茶があります。

 

この3種でブレンドすると、利尿作用により尿量が増え、尿酸を始め様々な毒素を排出してくれます。

このブレンドを今までの一日1リットル程度飲むのがおすすめです。いままで飲んでいた水分量プラス1ℓですね。

 

痛風発作が起きなくても尿酸値が高いままだと危険です

NHKのためしてガッテンで「尿酸値にに潜む死の予言 痛風予備軍が心筋梗塞」というテーマをやっていました。

 尿酸値が高くても通風の発作が起きないので、そのままにしておくと、心筋梗塞などの命に関わる病気になってしまう危険があるというのです。

 尿酸値が高いと、血管の細胞が尿酸を取り込むことで血管の壁がぶ厚くなり、血液の通り道が塞がれてしまうらしいのです。

 通風の発作が起きないからといって安心して尿酸値が高いままにしておくのは危険だそうです。