クロロフィル

今日は「クロロフィル」のお話です。
 クロロフィルは葉緑素のことで、植物や藻類などに含まれる緑色の天然色素です。
 クロロフィルは光エネルギーを使って水と空気中の二酸化炭素から炭水化物を合成しています。クロロフィルを服用すると、胃酸でMg(マグネシウム)とその他の成分に分解され。Mg以外の成分は腸管から吸収されずに排泄されます。
 クロロフィルは人間の血液の色素であるヘモグロビンと構造が似ており、中心の元素がクロロフィルはMg(マグネシウム)であるのに対してヘモグロビンはFe(鉄)という部分が違っているだけで、あとの構造は一緒ほとんど同じであり、クロロフィルを摂取すると造血作用があるといわれています。
 クロロフィルの最大の特徴はデトックス(解毒)作用です。特に小腸デトックスが重要です。小腸の表面には栄養を吸収するために小さな突起(絨毛)が無数並んでいます。この細かい凹凸に有害金属、残留農薬、ダイオキシン、食品添加物、保存料などが蓄積しやすいので、その毒素を排泄しなければなりません。特に年齢とともに代謝が悪くなり、体のなかに毒素が溜まりやすくなります。多くの食物繊維は巨大分子のために細部までは入り込めませんが、分子量の小さなクロロフィルなら小腸絨毛の奥深くまで入って溜まった有害物質を吸着して取り除くことが可能です。
 その結果としてヘドロのようにこびりついた有害物質を掃除すれば新陳代謝が活発化し、腸内環境が良くなります。

葉緑素のたくさん入っているお茶は

 

くま笹茶

ネトルティ

グリーンマテ茶

ユーカリ

ヨモギ茶

松葉茶

明日葉茶

などといわれています。

 

クロロフィルは脂溶性なので、水に溶けにくく、上記のお茶を入れても緑にならないものはクロロフィルは溶け出していません。

 葉を細かくして青汁として一緒にいただいたり、少し荒めの茶こしで漉すことで、葉の全ての成分を摂取することができるようになります。