ドクダミブレンド

 今日ご来店していただいたお客様がある冊子をお持ちになって、ご来店しました。

その冊子を見ながら、ドクダミとヨモギとスギナは扱っているかとお尋ねになるのです。

「はいございます。」とは言ったものの気になるので、お話をお伺いしたら、冊子には爆笑問題がいる芸能事務所タイタンの社長太田光代さんが「以前、体調を崩してしまったことがあり、ハーブティーを飲んでいたところ体調が良くなりました。」というお話が載っていました。飲んでいるのがドクダミ・ヨモギ・スギナのブレンドハーブティーということでした。

お客様は娘さんが太田光代さんと同じような感じ戸のことで、この記事を見て当店に探しにこられたようです。娘さんは貧血もあるとのことでした。

 

 

 ドクダミは微寒・辛、スギナは涼・苦、ヨモギは温・辛、苦となっています。

 五性的にもバランスが取れていますし、六味としては辛・苦ですね。

 六味の苦味は瀉下(余分なものを体の外に出す)の効果があります。また、熱、水分、湿を体に溜めないで体外に出します。

 辛味は発散する効果があります。気の流れを良くし、解毒の作用もします。

 

ヨモギには鉄分も豊富に含まれていますし、血行を促進させる働きもあります。ドクダミやスギナは余分な毒素を排出してくれるので、いい組み合わせだと思います。

 

 

味もヨモギがさわやかで、スギナの香ばしさが加わりとても飲みやすい味で気に入っていただけました。

 

その冊子より記事を一部抜粋します

 

女性は30代半ばを過ぎたあたりからホルモンのバランスが崩れるタイミングがきます、と太田さんは話始めました。「今から15年ほど前、自分の時間など全くとれずほとんど記憶がないくらい忙しく働いていました。そんな状態のなか、体はどんどん痩せてしまいついには体重が33kg位になってしまいました。いくら食べても栄養を吸収しない体になってしまったらしいんです。そんな時、身近にある健康法で体調を整えた方がいい、と医師からアドバイスを受けました。」

 体を動かして健康にというにはあまりにも忙しすぎた彼女は、健康食品をターゲットに絞りました。「特に、ハーブティーが健康に良い、という話があったのでしばらく飲んでみました。そしたら、なんだか体調も良くなり、少しずつ体重も増えてきました。お茶なので一日に結構な量を飲みますね。私の場合、約3ヶ月ほどで体調が良くなってきました。」「自分の健康に有効なハーブやアロマは知れば知るほど奥が深く、勉強しながら自分も健康になろうとお店を開いたのが、今から12年前のことです。」(ウィッチムーンというお店で阿佐ヶ谷にあるそうです。)最近、愛飲しているハーブティーはドクダミをベースにヨモギとスギナをブレンドしたもの。

 「毎晩、お酒を飲んだ後にこのドクダミ茶を1リットル飲むのが習慣になっています。若い頃から常に意が荒れていて、ついには吐血するほど悪化しました。ところが、このドクダミ茶を飲むようになってからは胃の荒れは改善されました。これは、あくまで私の症状にドクダミ茶が効いたということだと思います。」

 

この商品は「野のハーブ」として太田光代さんのお店「ウィッチムーン」で販売しています。

100gで2,480円(税込)です。