ミントレモン

今日はペパーミントとレモンのブレンドです。

 乾燥させたレモン一片とペパーミント1.5gをブレンドしてます。ペパーミントはカットしたものではなく、葉っぱの形がそのまま(欠けてますが)のものを使っています。カットしたものに比べてミントの香りがマイルドで、濃くなりすぎないのが特徴です。

 レモンの酸味がさっぱりとして、ミントの清涼感がしばらく残ります。とってもおいしいブレンドですね。

ミントレモン

ブレンドしないで、単品でペパーミントティーをいれてみました。

 

左がカットしたもの(47 ペパーミントティー 50g 販売価格880円(税込950円) エジプト産)、右がカットしていないもの(112 薄荷叶 [ペパーミント] 50g 販売価格1,000円(税込1,080円) 安徽省)です。

 

カットした方は水色が濃く、少し甘さがあります。メントールが少し弱い感じがします。

カットしていない方は水色が薄く、甘さはありません。清涼感は強く、長い間口の中で清涼感が残る感じです。味がないので単独では美味しくはないのですが、ブレンドすると味の邪魔をしないで、清涼感のみ足すため、ブレンドにはこちらを使った方が良さそうです。特に香りが高く甘みが強い中国茶などには、こちらの方が合いますね。

 カットしていないほうはどんなお茶でも合いそうです。


どうもカットしていない方の「薄荷叶」というのは「ミントの葉」という意味でなのでペパーミントでないのではないでしょうか?いろいろ調べたのですが、コーンミント(ジャパニーズミント、薄荷)が近い感じでした。


中国語ではペパーミントは「胡椒薄荷」スペアミントは「緑薄荷」と表記されるようです。

カットしていない方のペパーミントはこのように葉っぱの形が残っています。

少し欠けているので、変な形になっちゃってます。

薄荷叶
ペパーミントティーcut

 販売価格880円(税込950円) エジプト産


購入はこちらから


薄荷叶

販売価格1,000円(税込1,080円) 安徽省


購入はこちらから