カリウム

カリウムとは?

カリウムは体内に成人で100〜150gほど(体重1kgあたり約2g)あり、その98%は細胞内に含まれます。ナトリウムとともに細胞の機能を支える生命活動の維持に必須のミネラルです。


細胞機能の維持

細胞が活動するためには、その内外に水分が必要です。細胞内ん水分(細胞内液)にはカリウムが、細胞外の水分(細胞外液)にはナトリウムがそれぞれ多く含まれています。これらの濃度やバランスは、細胞の水分の量や浸透圧に影響を及ぼすので、細胞の膜にはカリウムとナトリウムを汲み出すポンプ機能が付いていて、つねに適正な濃度を保つように調整されています。すなわち、カリウムとナトリウムのどちらが欠けてもそのバランスがくずれ、生命活動そのものを維持しているともいえます。


筋肉の収縮・弛緩

筋肉の収縮・弛緩の働きを正常に保つために働いています。


神経の伝達

神経伝達を正常に保つ為に働いています。

カリウムと高血圧

ナトリウムが高血圧と関係していることはよく知られていますが、ナトリウムと反対の作用を持つと考えられているのがカリウムです。高血圧予防にはナトリウムとカリウムのバランスが重要であることが分かっており、カリウムを多く摂取すると高血圧の予防につながります。減塩とともに、カリウムを積極的に摂取することが大切です。


カリウムと骨粗しょう症

最近の研究では、カリウムが骨粗しょう症の予防に関係していることが示唆されています。これは、カリウムの摂取量が増えると、尿中へのカルシウムの排泄量が減少するためと考えられています。

 尿中へ排泄されるカルシウムは、摂取した食事から吸収されたものか、骨から溶け出したものかのどちらかで、いずれにしても血液中にあったものです。カルシウムのバランスを保つためには、尿中へのカルシウム排泄量は少ない方がよいのです。

 つまり適度なカリウム摂取は、身体からカルシウムが出て行くのをおさえるので、骨粗しょう症の予防につながるということです。ナトリウムを多く摂取すると尿中へのカルシウム排泄量が増えることもよく知られており、ここでもナトリウムとカリウムのバランスが重要なのかもしれません。

カリウムが多く含まれているお茶はどんなお茶?

小豆茶

小豆茶

 小豆とは、マメ科ササゲ属の植物で日本では古くから親しまれています。栄養が豊富で、特にビタミンB1やカリウム、食物繊維が多く含まれております。

 抗酸化物質として有名なポリフェノールも含まれおりますので、アンチエイジング、動脈硬化の改善にも効果があります。


コーン茶

コーン茶

コーン茶(トウモロコシ茶)には、カリウムやミネラル、食物繊維、鉄分、リン、糖分、ビタミンB1、などの有効成分が含まれており、高血圧予防、便秘改善、貧血予防、むくみ改善、疲労回復、整腸作用、冷え性改善、利尿作用などの働きが期待できます。


はと麦茶

はと麦茶

ハトムギとは、南アジアを原産とするイネ科ジュズダマ属の植物で、漢方ではヨクイニンと呼ばれています。はと麦茶には、食物繊維、たんぱく質、カリウム、鉄分、ナイアシン、コイクセラノイド、ビタミンB1, ビタミンB2などの成分が豊富に含まれています。 これらの有効成分により、デトックス、美肌、生活習慣病の予防・改善、アレルギーの抑制、胃の健康を保つなどの働きがあると言われています。