コレステロールを下げ脂質異常症を予防しましょう(その3)

昨日書いたように、コレステロールを下げるブレンドを作ってみました。

 

昨日はマテ茶とアマチャヅル茶とクコ茶にしようかと書いたんですが、結局グリーンマテ茶、アマチャヅル茶、黒豆茶のブレンドとしました。

ブレンド比率は1:1:1にしました。でも黒豆が多い方が美味しくなりますよ。

 

クコ茶は食事で摂ったコレステロールの吸収を抑えるという働きだったので、飲む時間とかを気にしないといけないようなので、黒豆茶にしました。LDLコレステロールを下げるだけでなく、LDLコレステロールの酸化を防ぐ働きもあるブレンドです。

どんな味わい?

グリーンマテ茶はちょっと苦いのですが、アマチャヅル茶が入っているせいか苦味は感じられません。

また、アマチャヅル茶の薬っぽい感じもなく、飲みやすく仕上がっています。

黒豆は出やすくするためにミルしたのですが、あまり黒豆の感じは出ていませんでした。

コレステロールブレンド

マテ茶は、南米のアルゼンチン、パラグアイ、ブラジルを原産とするイェルバ・マテの葉や小枝を乾燥させた飲みものです。ビタミン(C・B1・B2)、ミネラル(鉄分・カルシウム・マグネシウム・亜鉛)、食物繊維、葉緑素(クロロフィル)を豊富に含んでいるため、飲むサラダとも言われています。

LDLコレステロールを下げるだけでなく、ダイエットや認知機能の改善、眼精疲労の改善などの働きがあります。


黒豆に含まれるイソフラボンは、ホルモンバランスを整える働きがあり、生理不順など女性の悩みに効果を発揮します。

また、色素成分のアントシアニンやサポニンにより血中コレステロールを下げる働きがあります。強い抗酸化作用も持っています。

そのほかには更年期障害の症状の改善、動脈硬化の予防、糖尿病の予防、美肌効果やメラニンを抑えて美白にする働きもあります。


アマチャヅルはウリ科のツル植物で、サポニンという成分が豊富に含まれているのが特徴です。

アマチャヅルに含まれているサポニンには次のような効果が期待されます。

鎮静作用によりストレスの改善や肩こり、腰痛などの改善作用があります。また、肝機能の改善やLDLコレステロールを少なくさせる働きがあります。

新陳代謝を活発にして、細胞の生まれ変わりを促進し、老化防止や美肌などに効果が期待できます。