チョコレートにあう中国茶を探せ(第1回)

今年のバレンタインデーにfacebook向けに書いた記事です。

最近ブログが更新できていないので、今?という感じですが、ブログに転載します。

ブログネタが無い時にこのシリーズを載せていきます。


バレンタインデーが近いので、チョコレートに合う中国茶を探してみました。

買ってきたチョコはロッテのシャルロッテ”ミルク生チョコレート”と、明治のメルティーキッス”クリーミーショコラ”です。

シャルロッテは極薄のチョコレートの中に洋酒の効いたリッチな生チョコレートが入っています。口に入れるとトロッととろけてふわっと洋酒が香り、クリーミーな甘さが口の中に広がります。

メルティーキッスは、口に入れた瞬間のなめらかな口溶けが特徴で、芳醇なミルクのコクがありながら、カカオの香りと味もしっかりしています。

シャルロッテは中のチョコがするっと溶けちゃうのに対して、メルティーキッスはちゃんとチョコレートっていう感じが残ります。

 

さあ、これに中国茶を合わせてみましょう。

いろいろな種類がある中国茶の中から、まず5種類を選び出しました。

紅茶 祁門(キーモン)紅茶

白茶 白牡丹(ハクボタン)

黄茶 霍山黄芽(カクザンコウガ)

青茶 鉄羅漢(テツラカン)

青茶 八方美人(ハッポウビジン)

それぞれ特徴のあるお茶です。

 

まずは、定番の祁門(キーモン)紅茶からいきます。 次回に続きます。

シャルロッテ
シャルロッテ

クリーミーショコラ
クリーミーショコラ

                                     第2回(祁門紅茶