チョコレートにあう中国茶を探せ(第4回)〜鉄羅漢〜

青茶 鉄羅漢とは?

今回は青茶の鉄羅漢(テツラカン)です。  青茶というのは「半発酵茶」と呼ばれるお茶のことで、烏龍茶の一種です。 世界遺産である武夷山で作られる岩茶の中の、武夷4大名叢(優れた四種)の一つです。茶葉からは花のような華やかな香りが漂い「回甘」(フィガン)と呼ばれる口の中に残る味わいが長く続くのが特色です。  

さっそくチョコレートと合わせてみます

このお茶とチョコを合わせていきます。

お茶の華やかな甘い香りがチョコと合いますね。チョコを食べてさらにお茶をいただくと、ミルキーなチョコの後味をさっぱりと消してくれます。

今回のチョコはちょっとミルク多めで甘いものを選んでいるので、余計にそう感じるのかもしれません。

チョコの余韻を消しちゃうので、チョコとの相性がいいとは言えないのかなあ。

チョコのしつこさが嫌いな人にはピッタリです。あとは舌をリセットするので、いろんな種類のチョコを食べ比べるときとかもいいかも。

飲み方

お湯110ccに対して茶葉を約3g程度入れて下さい。

90℃程度のお湯を入れて抽出時間は30秒〜1分が目安です。

一煎目を捨てる”洗茶”は必要ありません。

5〜8煎程度、美味しくいただけます。

鉄羅漢

シャルロッテ

メルティーキッス



鉄羅漢

販売価格1,480円(税込1,598円)

 

購入はこちら

 

次回は黄茶の霍山黄芽(カクザンコウガ)です。

 

<第3回(白牡丹)                      第5回(霍山黄芽)>