免疫力を高めましょう(第1回)

病気に負けない体を作るために、免疫力を高めましょう。

数回に分けて免疫力について書いていきます。

免疫力とは?

免疫力とは自分の体を自分で守る力のことです。

体内に侵入した細菌やウィルス、毒物などの外敵を攻撃して排除したり、無毒化したりする力のことで、もともと人には生まれながらにして自然に備わっています。

なんらかの影響でこの機能がダウンすると、病気にかかりやすく、治癒力も低下します。

かぜをひきやすい、疲れやすいなどの体の不調の原因は”免疫力”の低下にあります。

私たちの体は免疫力によって支えられています。

感染症

免疫機能が低下していると、風邪やインフルエンザなどのウィルスが体内に侵入し、感染しやすくなります。逆に免疫力が高ければ感染しにくく、感染してもすぐに治癒します。

老化

過度のストレスなどで免疫力が低下すると、体内の脂質などと結びついて細胞をさび付かせる「活性酸素」が増えやすく、老化や生活習慣病を進行させます。

アレルギー症状

免疫機能のバランスがくずれると、本来は無害な物質に対して過剰に反応してしまい、これを排除しようと花粉症や気管支ぜんそくなどのさまざまな症状を引き起こします。

がん

適度なストレスは活力源となりますが、過度に溜め込むと免疫力が低下し、がん細胞を発生・増殖させることにもつながります。逆に免疫力を高めれば抑制することができます。

下痢や便秘

腸には免疫器官が集中しており、食べ物とともに、侵入してくる外敵を排泄する役割を担っています。免疫力が下がると、この働きが鈍って下痢や便秘を起こします。

肌荒れ・口内炎

免疫力が低下すると粘膜や皮膚が弱くなり、傷口から細菌が侵入し、ニキビや吹き出物、口内炎などの炎症を起こします。新陳代謝も悪くなるので、なかなか治りません。

免疫力が低下する原因としては次のようなことがあげられます。

・自律神経の乱れ

・体温の低下

・腸内環境の悪化

・過剰な活性酸素

明日からは免疫力が低下する原因を詳しく説明していきます。


免疫力をアップさせる

エキナセアハーブティー 50g

エキナセアハーブティー

エキナセアは、北米を原産とするハーブの一種で、古くから傷や病気の治療薬として用いられてきました。

エキナセアに含まれている有効成分には、免疫機能を高める働きや抗炎症作用があり、風邪やインフルエンザをはじめとする感染症の予防の効果があるといわれています。

少し薬草のような感じですが、クセは強くありません。

販売価格1,000円(税込1,080円)

 

購入はこちら


                                        第2回>