免疫力を高めましょう(第4回)

免疫力を高めましょうシリーズの第4回です。

今回は腸内環境と免疫力のお話です。

腸は最大の免疫器官です

腸は身体の中で最大の免疫器官といわれています。私たちが口にする食物には、大腸菌やサルモネラ菌など食中毒を起こす細菌やウィルスなどが含まれ、腸の粘膜は常に外敵の侵入の危機にさらされています。

そのため、免疫細胞全体の7割が腸にスタンバイしているといわれ、腸の樹状細胞のコンディションは、免疫システム全体に大きな影響力を持ちます。


腸にいる樹状細胞の仲間はM細胞と呼ばれ、食べ物を通して入ってきた有害物質を察知するとインターフェロンを出してヘルパーT細胞に攻撃司令を出します。腸の免疫システムの要である樹状細胞をうまく働かせるには腸内環境を整えることが大切です。


腸内細菌のバランスの悪化、不規則な生活週間、栄養バランスの悪い食事、便秘などにより腸内環境が悪くなると、腸内に活性酸素が増えて樹状細胞は酸化します。つまり樹状細胞が錆びてしまうのですが、酸化した樹状細胞は、自分の体を攻撃するように間違った司令を出してしまいます。


腸の中には100種類100兆個もの腸内環境がいて、善玉菌と悪玉菌、そのつどどちらか強い方につく日和見菌の3つに分けられます。それらの重さは合計で1.5kgあり、当然ながら、善玉菌が多ければ多いほど免疫力が高まるわけです。

腸内環境を整えるには

腸内環境を整えるには、悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす必要があります。

ではどうすればよいのでしょうか。


ひとつはヨーグルトなどで乳酸菌をとること。

もうひとつは水溶性の食物繊維をとることです。


ヨーグルトなどに含まれている乳酸菌、最近は胃で消化されずに腸まで乳酸菌が届くものが増えてきています。

でもヨーグルトでとった乳酸菌はそのままでは腸内で育ってくれません。

乳酸菌などの善玉菌を増やすにはエサが必要なのです。

イヌリンなどの水溶性食物繊維は腸内の善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やしていきます。


腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整えるにはヨーグルトだけでなく、水溶性食物繊維がかかせません。


また、オリゴ糖なども善玉菌のエサになると言われています。

オリゴ糖を直接とるのも良いですが、桑の葉茶やサラシア茶などのように、糖質の分解を抑えるお茶により、分解されなかった糖分はオリゴ糖のように善玉菌のエサになります。


腸内環境を整えるお茶は

腸内環境を整えるには「ごぼう茶」はいかがでしょうか?

ごぼう茶

ごぼう茶 50g

 

 ごぼう茶には、水溶性食物繊維のイヌリンが多く含まれており、有害成分を吸着して排出する働きや、余分な栄養素の吸収を妨げる働きがあります。また、便に水分を含ませ柔らかくして排出しやすくさせ、便秘解消する働きもあります。また、水溶性の食物繊維は善玉菌のエサになり腸内環境を整える働きもあります。

また、ごぼう茶に含まれるアルギニンの働きで成長ホルモンの分泌を促進させて、体の代謝機能を向上させる働きがあります。

 このごぼう茶はふわっとごぼうの香りがします、味もしっかりとして飲みやすい味です。長めに抽出してもエグみが出ません。


販売価格1,200円(税込1,296円)

購入はこちらから


<第3回                                  第5回>


このコラムを読んだあなたにおすすめ