神経痛にもよもぎ茶が効果あり

神経痛は、神経そのものが痛むのではなく、神経に沿った部分に炎症などさまざまな変化が起きて痛みを発生する病気です。

 

血液がスムーズに流れなくなると、栄養の補給ができなかったり、老廃物がたまった部分ができます。

当然、その付近の細胞や神経の活動は不活発になり、神経痛が起きてくるのです。

 

こうした血行障害の原因には、内的理由と外的理由の2つが考えられます。

外的理由は、もっぱら姿勢の歪みからくるものです。歪みによって圧迫された部分が硬化する結果、血行障害を引き起こすのです。

温泉療法やマッサージ療法によって神経痛が治ったりするのは、萎縮して硬直した筋肉がほぐれるからです。

また、冷えや湿気も神経痛の引き金になります。

 

内的原因は、老化や内臓のトラブル、血液自体の汚れによって血行障害を引き起こすというものです。

血液をきれいにするにはよもぎが最適です。よもぎの葉緑素の浄血・造血パワーが、神経痛にも効果があるのです。

また、よもぎの成分の中には保湿作用や細胞の新陳代謝を活発にするものもありますから、よもぎ茶を飲み続ければ、効果はより確かなものになっていくはずです。


よもぎ活用法

血液をきれいにするためによもぎ茶の常飲をおすすめします。

いっぺんにたくさん飲むよりも、少しづつでも毎日飲み続けることがコツです。


また、よもぎを入浴剤代わりに入れる、よもぎ湯も効果的です。

有効成分が皮膚から浸透し、神経痛の大敵である水分の代謝を促して、患部の血行を良くしてくれます。


よもぎ湯のやり方はブログ「よもぎ湯」をご覧ください。


国産

販売価格700円(税込756円)


購入はこちら