悪玉菌は「腸の番兵役」でもあります

いままで、「人を太らせ、病気を招き寄せる原因」とご説明してきた悪玉菌ですが、実は腸の健康にとって必要な菌でもあります。ここまでは便宜上、悪玉菌を悪者扱いしてきてしまいましたが、もしも悪玉菌がゼロになってしまったら、人は健康を保てなくなるほど大事な菌なのです。


善玉菌のビフィズス菌にはO-157から腸を守る働きがあるのですが、O-157を退治する働きはないそうなのです。

しかも、O-157は、ビフィズス菌がタンパク質を分解して作り出すアミノ酸を自分に取り込み、自らのエネルギーにしていました。食中毒の予防効果が高いとされてきたビフィズス菌は、O-157を退治できず、不覚にも敵にエネルギーを渡していたのです。


O-157の脅威を前に、頼りになるのは大腸菌などの悪玉菌です。大腸菌には、番兵の働きがあります。腸の規律を乱す有害な病原菌が入ってくると、真っ先に動き出し、敵を排除しようと働くのです。

また、人は自分の消化液で食物繊維を分解できません。繊維の力が強いからです。しかし、腸内細菌には食物繊維を分解する力があります。自分のエサにするために食物繊維を分解し、繁殖するために発酵させるのです。悪玉菌にもその力があります。しかも、大腸菌には食物繊維の分解過程において。ビタミンを合成する働きまであるのです。

さらに悪玉菌と善玉菌は、エネルギーのやりとりをしていることがわかってきました。腸全体から見れば、両者はうまいバランスで成り立っているのです。悪玉菌が健康悪となるのは、数が増えすぎた時、それを許すのは、私たちの食習慣なのです。


参考文献

一生太らない体をつくる腸健康法

藤田紘一郎著



このコラムを読んだあなたにおすすめ