亜鉛は体を作るために必要なミネラルです

亜鉛のからだへの作用

成人の体内に約2g含まれる亜鉛は、骨や筋肉に多く、皮膚、目の硝子体、前立腺、肝臓、脾臓、膵臓にも存在します。

たんぱく質の合成にかかわり、新しい細胞を作るので、からだの成長に欠かせません。

DNAの主成分である核酸の合成や、体を構成するたんぱく質であるコラーゲンの合成、ビタミンAの代謝に関わっています。

日本人に不足しがちなミネラルで、特に運動量や労働量の大きい人は注意が必要です。


亜鉛の所要量は?

1日所要量

成人男性   10〜12mg

成人女性   9〜10mg

妊婦・授乳婦 12〜13mg


許容上限摂取量

成人男女とも30mg


不足すると

・たんぱく質の合成がうまくできなくなり、細胞の増殖、修復力が低下する。

・成長障害を招くため、子供は身長の伸びや体重の増加が止まり、思春期には性的な発達が遅れる。

・免疫力が低下して風邪をひきやすくなり、傷や病気が治りにくい。

・食欲不振、味覚障害、うつ状態、生殖能力の異常などをきたす。


潜在性欠乏症

はっきりしない

欠乏症状

皮膚症状・・肌が乾燥し荒れる。にきび、脱毛、爪の変形。

性の症状・・前立腺の異常。性の成熟が遅れる。生理不順、出産障害。

一般症状・・発育の遅れ、食欲不振、夜盲症、易感染症、傷や病気回復の遅れ。

適度の摂取で期待される効果

・免疫を刺激する、風邪の予防と治療に有用、がんを防ぐ

・加齢による黄斑の老化を防ぎ、失明を防ぐ

・味覚、臭覚、視覚の正常な働きを維持する

・不妊の治療と予防に有用、男性の精力を増強、前立腺の障害を防ぐ

・ヒスタミン生成を抑えアレルギーに対抗する

・皮膚の健康を増進し、床ずれ、ニキビや乾癬の治療に有用、脱毛を防ぐ

・抗炎症作用があり、リュウマチや関節炎の治療に有用である

・記憶、学習能力を高め、神経質やうつを緩和し、自閉症や分裂病の治療に有用

・インシュリン生成とその効果持続作用があり、糖尿病の治療に有用

亜鉛が不足しがちなのは吸収率が悪いため

亜鉛は吸収率がよくありません。しかも、ほかの物質ととることによって吸収が阻害されやすいので、十分に摂取できていないことが多いのです。

例えば、パンなどに含まれるフィチン酸は。亜鉛と絵都合して亜鉛の吸収を妨げます。カルシウムの過剰摂取も亜鉛の吸収を阻んでしまいます。

亜鉛の補給にこんなお茶はいかがですか?

亜鉛が多く含まれているお茶は、スギナ茶ナタマメ茶バナバ茶マテ茶などがあります。

今日はその中でグリーンマテ茶をご紹介します。

 

飲むサラダ「グリーンマテ茶」

マテ茶は、南米のアルゼンチン、パラグアイ、ブラジルを原産とするイェルバ・マテの葉や小枝を乾燥させた飲みものです。ビタミン(C・B1・B2)、ミネラル(鉄分・カルシウム・マグネシウム・亜鉛)、食物繊維、葉緑素(クロロフィル)を豊富に含んでいるため、飲むサラダとも言われています。このため、野菜の栽培が困難な南米の一部の地域では重要な栄養摂取源の一つとなっています。

アルゼンチンではローストしていないグリーンマテが飲まれています。

マテ茶独特のクセが少なく飲みやすい味です。少し苦味があるので、レモンを入れたり甘みをつけるとよいでしょう。

マテ茶の飲み方

マテ茶は南米では、ボンビージャという先端にフィルターがついたストローで飲む飲み方が一般的ですが、今ではいろいろな飲み方で楽しまれています。

 

まずは、最近ではごく一般的に飲まれるようになったマテ・ティーと言われている飲み方です。

ティーポットに人数分の茶葉(一人分ティースプーン一杯)を入れ、沸騰直後の湯を注ぎ入れて3分程蒸らしてから、カップについで飲みます。

お好みで砂糖やミルク、レモン、ハチミツ、リキュールなどを加えても美味しくいただけます。  

70℃〜80℃ぐらいの低めの温度で入れると苦味が少なくなるので、個人的には好きですね。


次は、水出しマテ(テレレ)。

マテは、水でもすぐに抽出できます。アルゼンチンではこの飲み方を「テレレ」と呼んでいます。

ティースプーン山盛り1杯のマテ茶葉を入れて、500cc程度の水を入れ8~10分おきます。

抽出後、冷蔵庫で冷やして飲みます。

お好みでレモン、ハチミツ、リキュールなどを加えてもおいしくいただけます。

 

こんな飲み方も

ブラウンシュガーをレモン汁と一緒にソテーし、きつね色になるまでフライパンで熱します。これをマテティーに加えるだけ。ため息の出る美味しさです。

 

グリーンマテ茶は苦味があるのですが、ティーポットで入れるマテティーは苦味が少ないですね。

緑茶に近い苦味なのでなれた感じの苦味です。(緑茶の苦味が嫌いだとダメですけど)

強いクセもないので、なれるとやめられない味です。

グリーンマテ

販売価格1,200円(税込1,296円)


購入はこちら