ごぼう茶にサポニンは含まれている?

サポニンにはこんな働きがあります。

食べて美味しいごぼう。きんぴら、柳川、煮物、ごぼうサラダでもいいですね。


ごぼう茶には「サポニン」が含まれていていろいろな働きがあるとよく言われています。


地中に育つごぼうは、土の中の細菌から身を守るために、ゴボウの皮にはサポニンという成分を含んでいます。サポニンは、水に溶けると石けんのような発泡作用を持つため、ラテン語で石けんを意味する「サポ」が名前の由来となっています。

サポニンは水と油の両方に溶ける性質があり、天然の界面活性剤と呼ばれています。

細菌の表面の細胞膜はコレステロールでできているので、このサポニンの働きでコレステロールを分解し、細菌をやっつけるのです。


ごぼう茶を飲むと、このサポニンのコレステロールを分解する働きにより、腸内の脂分や血中の悪玉コレステロールを分解する働きがあり、ダイエット効果があるとされていました。


でも最近ではごぼう茶のサポニンの表現が変わっているようです

最近は、ごぼう茶に含まれるサポニンはポリフェノールの一種ですという記載が多いようです。

ですが、正しくはサポニンは配糖体の一種だそうです。


フィトケミカル(植物中に存在する天然の化学物質)分類

ポリフェノール

    フラボノイド

        カキテン       お茶          抗酸化作用

        アントシアニン    ブドウ・ブルーベリー  抗酸化作用

        イソフラボン     大豆     女性ホルモン類似作用

        ルチン(ビタミンP)  ソバ      抗酸化・抗炎症作用

    フェノール酸

        クロロゲン酸  コーヒー・ヤーコン  抗酸化作用

    フェニルプロパノイド

    シゲトン類 

テルペノイド

    カロチノイド

    モノテルペン

        リモネン  柑橘類   抗アレルギー作用

        メントール 口中清涼剤

    フィトステロール  植物油に含有  コレステロール減少

    グリチルリチン   甘草の主成分  抗炎症作用

硫黄化合物

    システインスルホキシド類 ニンニクの成分 解毒作用

    スルフィン類  ニンニクの成分  抗酸化、動脈硬化改善

糖化合物

    多糖類

        βグルカン キノコ類 免疫力強化

    配糖体

        サポニン      去痰・界面活性作用

長鎖アルキルフェノール誘導体

        カプサイシン 唐辛子


ポリフェノールの一種というよりは、植物に含まれている成分のひとつぐらい違っているものですね。


ごぼう茶にサポニンは含まれているの?

ごぼう茶の成分

タンパク質の含有量が多い、リン、カルシウム、鉄、マグネシウム、カリウム、ナトリウム、ケイ素、セレン、マンガン、クロム、コバルト、亜鉛、イヌリン、ビタミンA、ビタミンB複合体、ビタミンC、ビタミンE、バイオフラボノイド、(揮発性)酸、タンニン、ポリフェノール酸、苦味成分

ハーブティーバイブルより

アルギニンやアスパラギン酸の含有量も多いようです。

食品成分表より


どうもごぼう茶にはサポニンは含まれていないようでした。


ごぼうのアクはポリフェノール

ごぼうにはアクが多く、このアクが有効成分でこれがサポニンと勘違いされているようです。

アクというのは灰汁と書き、食品に含まれるえぐ味、渋味、苦味など不快で不要とされる成分のことを指します。

アクの成分には無機質のものと有機物のものとがあり、このうち無機質のものとしてはカリウム、マグネシウム、カルシウムなどがあります。

また有機物のものとしてはシュウ酸、ポリフェノール、配糖体、サポニンなどがあります。


ほうれん草に含まれているアクはシュウ酸で苦味エグみがあり、結石の原因になってしまいます。

ですので、アクは取らないといけないんですが、ポリフェノールなどのアクは摂り過ぎると、食品の風味までなくなってしまったり、せっかくの抗酸化作用などの効果が無くなってしまいます。


ごぼうのアクはクロロゲン酸というポリフェノールやタンニンだそうです。(タンニンはポリフェノールの一種)


クロロゲン酸とは?

このクロロゲン酸どこかで聞いたことはないでしょうか?そうコーヒーに含まれている成分です。

ごぼう茶やコーヒーに含まれるクロロゲン酸はこんな働きがあるそうです。

・脂肪燃焼効果

・コレステロールを下げる働き

・優れた抗酸化作用でアンチエイジング

・血糖値の上昇を抑制して糖尿病の予防

・血圧を改善する働き

・抗発がん作用

ごぼう茶にはカフェインが含まれていないのでクロロゲン酸を摂るのにもお勧めです。


サポニンのとりすぎは良くない?

実際にはポリフェノールが含まれていて抗酸化作用を示し、コレステロールを下げる働きもあるので、ポリフェノールの一種のサポニンみたいなへんな表現がでてきたんでしょうね。

効果としてはあっているのですが、生薬である桔梗や柴胡(さいこ)などに含まれるサポニンは、過剰に摂取すると、赤血球の膜が溶ける溶血作用や吐き気を引き起こすことがあるものもあるなどサポニンは副作用をもつものもあるため、サポニンを取らないほうがよい。とかの意見があったりしてます。

サポニンの種類も非常に多く、高麗人参や田七人参などに含まれるジンセノサイドというサポニンなどはとても有効な働きがあったりします。


健茶薬醍醐のごぼう茶は安心です。

ごぼう茶

健茶薬醍醐のごぼう茶は九州産のごぼうを100%使っているので、安心してお召し上がりになれます。

毎日のお茶をごぼう茶にしませんか?


牛蒡茶(ゴボウチャ)販売価格1,200円(税込1,296円)

http://www.kenchayaku-hirai.net/?pid=73751326