こーたのお茶(第4回)ネトルティー

こーたのお茶のご紹介第4回目です。


こーたのお茶もふもふブレンド、今日発売です。


今回は、もふもふブレンドで使っている「ネトルティー」のご紹介です。

ネトルティー

ネトルティーとは?

ネトルはヨーロッパでは古くから利用されている一般的なハーブで、ビタミン、ミネラル、鉄分を豊富に含むネトルティーはふんわりとした干し草の香りです。


ネトルは数百年にわたり、肺の病気に効き、体を解毒する効果のある貴重な薬だと考えられてきました。

ドイツなどでは、花粉症などのアレルギーやニキビ、じんましんを予防するための春季療法として、ティーとしてよく飲まれています。

年明けくらいから1日1杯を習慣にすれば花粉症の予防に役立ちます。 

また、ネトルは血液中のヘモグロビンに構造がよく似た、クロロフィルを豊富に含み、造血作用があることでも知られています。

鉄分も豊富で、鉄分の吸収を助ける働きのあるビタミンCも含まれているため、貧血予防に効果的です。

さらに血液を浄化する作用と利尿作用もあり、これによって体の毒素や老廃物、尿酸などが排出される働きも優れています。

花粉症に効くネトルティー

 ネトルが有名になったのは、花粉症によいと紹介されたからでしょう。ケルセチンというフラボノイドが含まれ、これがアレルギーによいとされています。

 さらに血液を浄化する作用と利尿作用もあり、これによって体の毒素や老廃物が取り除かれるため、一掃アレルギーによい効果を持っています。

 ハーブティーにすれば日本茶にも近い草の香りがあるので単独でも美味しく飲まれます。

ネトルは体全体を健やかにしてくれるハーブです

血液の作用として、ネトルはもともと止血剤として使われてきました。鼻血が出たときには鼻孔に、怪我した時には傷口にハーブティーやチンキが用いられていたのです。

英語のneedle(針)に由来するネトルは、日本では”セイヨウイラクサ”とも呼ばれる植物で、”刺草(イラクサ)”というとおり表面に細かいトゲがあります。学名(Urtica)が”焼く”という言葉に由来するのは、刺さると焼けるように痛く、腫れることがあるからでしょう。トゲにはヒスタミンとアセチルコリンという物質が含まれています。

また、B群やC、Kといったビタミン、鉄やカルシウム、ケイ素といったミネラルが含まれるため、食生活が乱れているときに天然のサプリメントとして活用できます。

ネトルは体全体を健やかにしてくれるハーブです。

 

<第3回                                    第5回>

 

こーたのお茶(第1回)商品化決定!

こーたのお茶(第2回)しょうが

こーたのお茶(第3回)よもぎ茶

こーたのお茶(第4回)ネトルティー

こーたのお茶(第5回)好評発売中!

こーたのお茶(第6回)こーたのお茶の説明書

こーたのお茶(第7回)冷えは万病の元

ネトルティーのコラムは他にもあります。