ハーブの利用方法-フェイシャルスチーム

フェイシャルスチームは蒸気と揮発性成分を顔に当てて、皮膚に直接作用させます。蒸気の熱により血管が拡張し、血液循環が高まる効果もあります。さらに、芳香成分が脳に働きかけるアロマテラピー効果により、自律神経系、内分泌(ホルモン)系、免疫系の3つのシステムを通じて肌によい影響を与えます。

 

蒸気を吸入する事によって、鼻腔や排に蒸気と揮発性成分を積極的に送り込むことができます。蒸気が粘膜に潤いを与えます。精油ではなくハーブを使う蒸気吸入は、刺激が少なく、せきを誘発することもないため、子供や高齢者でも行なえます。

 

フェイシャルスチームのやり方

洗顔後、頭からバスタオルをかぶり、洗面器を包み込むようにします。

水面から約30〜50cm上に顔がくるようにします。

そのまま蒸気を顔にあてます。敏感肌の方なら5分、乾燥肌の方は10分を目安に行ないます。

揮発性成分が目を刺激する事があるので、目は閉じて下さい。

また、洗面器に顔を近づけ過ぎると、肌を刺激したり、やけどをしたり、むせたりすることがあるので注意してください。

 

蒸気を吸入する場合には立ち上る蒸気をゆっくりと深呼吸しながら吸い込んで下さい。

 

フェイシャルスチームの後はぬるま湯でさっと肌をすすいだあと、冷水で洗い肌を引き締めます。

後は普通のスキンケアを行ないます。

 

こんなハーブはいかがですか?

ラベンダー

ラベンダーは鎮静作用と皮膚の新陳代謝を高める働きがある。不安や怒りによる感情の高ぶりやダメージを受けた肌に。

 

ユーカリ

 ユーカリは脂性肌のケアに有効です。抗炎症作用があるので、ニキビや吹き出物のケアなど有効です。

蒸気を吸うことにより、痰をきり、鼻水や鼻づまりを解消する効果があります。風邪やインフルエンザの時の、鼻やのどのトラブルや花粉症の諸症状の緩和などにも効果があります。

ユーカリの香りはは不安定な気持ちや精神的に疲れを感じているときに、心に余裕を取り戻してくれます。

よもぎ

よもぎ独特の香りのもとであるシネオールやα‐ツヨンは、体を温める、胃腸を丈夫にする、冷え性、腰痛、生理痛、生理不順、筋肉痛、リウマチ、喘息、気管支炎、貧血、整腸などに作用します。さらに食欲を増進させる働きも持っています。