ハーブの利用方法-ハーブビネガー

お酢の中にハーブを浸して有効成分を抽出したものをハーブビネガーといいます。

ハーブをお酢に漬け込むだけで簡単にでき、ドリンクや料理など、多様に利用出来ます。

作り方

材料

ドライハーブ      5g

ビネガー     150cc

 

ハーブはドレッシグにはペパーミントやローズマリーなど

サワードリンクにはハイビスカスやローズヒップ、ジンジャーもいいですね。

ビネガーにはアップルビネガーや白ワインビネガーがおすすめです。

 

①密閉容器にハーブを入れ、ビネガーを注ぎます。

②ふたをして一週間程度置いておきます。

③茶漉しなどで漉します。

④③を保存用のビンに移し替えて出来上がりです。

保存期間

6ヶ月以内に使用してください。

 

ハーブビネガーの利用方法

サワードリンク

水や炭酸で割り、はちみつやシロップを加えることで簡単にサワードリンクができます。

お湯を入れてもおいしくできますが、ビネガーの香りが強く出るので、ハーブビネガーを少なめにしたほうがいいかもしれません。

ジンジャービネガー

写真はジンジャーを使ったハーブビネガーです。

ハーブビネガーとはちみつを各小さじ2と水を150cc入れればジンジャービネガードリンクの出来上がりです。

 

生姜の味もきつすぎず飲みやすくなっています。

おいしくてゴクゴク飲める味ですよ。

しょうがには胃の働きを助ける働きもあるので、食欲がないときなどはピッタリですね。

 

冷え性にはお湯を使うと体がぽかぽかと暖まりますよ。

少し酢の香りがきつく感じる人は、ハーブビネガーを少なめにするといいかもしれません。

ハーブビネガーとはちみつを各小さじ2に水を150cc入れればおいしいハーブのサワードリンクの出来上がりです。

ハイビスカスの酸味とリンゴ酢の酸味が合わって酸味のハーモニーを奏でます。

とっても飲みやすくおいしい味です。

 

ドレッシング

オイルを混ぜて、塩、コショウなどを入れてかき混ぜるだけでドレッシングができます。

料理に

マリネに使ったり、焼いた肉や魚に数滴ふりかけると美味しさを引き立てます。

入浴剤に

殺菌・抗菌作用があり、体臭を消してくれます。

肌を清潔に保ち、ニキビやアトピー性皮膚炎にも効果的です。

このコラムを読んだあなたにおすすめ